DaBabyにフリースタイルを仕掛けたマクドナルドの店員が話題に

ラッパーとしての成功を目指している人にとっては、人気ラッパーとの偶然の出会いは千載一遇のチャンス。それは、例え仕事中であっても関係ないようだ。

XXLによると今週日曜、たまたまマクドナルドのドライブスルーを利用したDaBabyが、注文したメニューが届くのを待つ間に店員からフリースタイルを披露された。

男はMoufという名義でラッパーとしての活動を行なっており、動画からも分かる通りなかなかのスキルの持ち主である。DaBabyがこの模様を撮影し、Moufのアカウントをタグ付けしてInstagramのストーリーに投稿したところ大きな注目を集め、彼のアカウントは瞬く間に大量のフォロワーを獲得。フォロワー数は現在53000人以上となっている。

しっかりとアカウントをタグ付けして投稿するという粋な計らいを行なったDaBabyに対し、Moufは「ありがとうDaBaby、この展開は伝説的だよ」と感謝のメッセージを送っている。

また彼は今年ミックステープ『The Messenger』をリリースしており、同作をInstagramで宣伝したところ多くのユーザーから応援のメッセージを寄せられている。

偶然の出会いをきっかけに知名度を一気に上げることとなったMouf。夢を実現するためにはチャンスを逃さないことが大切であると実感させられるニュースであった。

related

DaBabyが5年以内にラッパーを引退しレーベル運営に専念する計画を明かす

今年はRoddy Ricchとの“ROCKSTAR”を始めアイコニックな楽曲を多数リリースし、強い存在感を放ち続けたDaBaby。そんな彼が、新たなインタビューの中でラッパーを引退する構想について語っている。

DaBabyがBETアワードで“ROCKSTAR (BLM REMIX)”の新たなビデオを公開|フレックスチューンが別の意味を帯びてプロテストソングへ

DaBabyが今年4月にリリースされたアルバム『BLAME IT ON BABY』に収録されている、Roddy Ricchとのコラボ曲“ROCKSTAR”。楽曲本来の意味を超えて「Black Lives Matter」ムーブメントのアンセムのような役割を担い、新たにヴァースを追加した“BLM REMIX”もリリースされたこの曲が、先日開催されたBETアワード授賞式で披露され話題を呼んでいる。

DaBabyがマリファナをやめたことを明かす

昨年を代表するラッパーの1人であるDaBabyがマリファナをやめたと宣言した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。