QuestloveがホワイトハウスでのDJ中オバマ元大統領に「French Montanaを流してくれ」とリクエストされたことを明かす

The Rootsなどで知られるQuestloveがRick Lubinらのポッドキャスト『Broken Record』に出演。そこで、オバマ元大統領との意外なエピソードを披露している。

Questloveは以前ホワイトハウスでのパーティでDJをしていた際、オバマ大統領に曲をリクエストされたことがあるという。「二時間ほどプレイしていたとき、オバマ元大統領が肩を叩いてきた。彼は“凄く良い仕事をしてる、俺はDonna Summerやオールドスクールなヒップホップ、ジャズが大好きだ。でも彼らを見てみろよ、彼らも楽しみたいんだ”と言って、会場にいる子供たちを指差した。子供達は座り込んでいたんだ。彼らは俺を見て、“こんな曲つまんねえよ”って感じだった。俺は、俺が嫌いなDJになってしまってたんだ」と語るQuestloveは。オバマ大統領に指摘されるまで子供たちのことを考えないDJになってしまっていたそう。その後子供たちが好きな曲を探している最中、オバマ大統領は「French Montanaはある?」とリクエストしたという。しかしQuestloveはクリーンバージョンを持っておらず、その旨を伝えると「ここにいるのは全員大人だ。流してくれ」という言葉が返ってきたようだ。オバマ元大統領の人格が伝わって来るエピソードである。

その後QuestloveはFrench Montanaの“Pop That”をプレイし、会場は多いに盛り上がったという。毎年お気に入りの楽曲リストを発表するなど音楽好きで知られるオバマ元大統領。ホワイトハウスという堅苦しい場であっても、パーティを楽しいものにすることを第一に考えていたのだろう。

Questloveが出演したポッドキャストの全編はこちらから聴くことが出来る。

RELATED

Questloveが「J Dillaの死後音楽を作ることをやめた」と明かす

2006年に亡くなって以降も現在の音楽シーン全体に多大な影響を与え続けているJ Dilla。生前の彼の盟友であったQuestloveが、J Dillaの死が自身に与えた影響について語っている。

A$AP RockyがR. Kellyの騒動について「彼は病気と戦っていかなきゃいけない」とコメント

性的暴行を告発するドキュメンタリー『Surviving R. Kelly』が放送されて以降、音楽業界の内外から強く批判を受けているR. Kelly。彼の音楽を聴くことをやめ業界から追放しようとするムーブメント「#MuteRKelly」も盛り上がりを見せる中、A$AP Rockyが独自の見方を示している。

オバマ前大統領が参加した楽曲が全米R&Bチャートにランクイン

ヒップホップを始めとする様々な音楽のファンとしても知られているオバマ前大統領。『ブラックパンサー』のサウンドトラックなども含まれた2018年ベスト楽曲のリストも話題となったが、今回彼が参加した楽曲が全米R&Bチャートにランクインしたことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。