Drakeのバースデイパーティで宿敵Pusha Tの曲をかけたDJがプレイを止められる

DrakeとPusha Tといえば昨年にかけて、近年稀にみる激しいビーフを繰り広げたことは記憶に新しい。Pusha T側が終結宣言を行ったものの、今年のNBAファイナルなど、今もなお両者のビーフは様々な場面に影響を及ぼしている。そんな中、先日行われたDrakeのバースデイパーティにて、彼の因縁の相手であるPusha Tの楽曲をかけたDJがプレイを止められるという事態が発生した。

Rick RossがKanye WestにPusha Tを紹介した際のエピソードを披露

G.O.O.D. Musicの二大リーダーといえばKanye WestとPusha T。現在では盟友として知られる二人の出会いには、Rick Rossが大きく貢献していたようだ。

Pusha Tが薬物で逮捕された人々の釈放を呼びかけるキャンペーンを開始

“Sociopath”や“Coming Home”など新曲のリリースが続き、ニューアルバムへの期待も高まるPusha T。そんな彼が、薬物犯罪で逮捕された人々をサポートする新たなキャンペーンを開始したようだ。

Pusha Tがリリース以前の新曲をリークされたことについて抗議

Playboi Cartiの未発表曲“Pissy Pamper”の違法アップロード音源がSpotifyのバイラルチャートで1位を獲得してしまうなど、シーンで問題視され続けている音源のリーク。先日はPlayboi CartiやLil Uzi Vertの音源をリークしていた人物が6万ドル以上の収益を得ていたことも報じられたが、そのような現状についてPusha Tが持論を述べている。

Drakeの呪いに対抗すべくNBAチームミルウォーキー・バックスのオーナーの娘がDrakeのビーフ相手だったPusha-TのTシャツを着て試合を観戦する

スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪い。最近ではDrakeが自身の呪いを逆手に取り、相手チームのジャージを着て、彼が応援するNBAチーム、トロント・ラプターズの勝利に貢献するなどスポーツ界を恐怖に落としいれている。そんなDrakeに対して、“毒をもって毒を制す”の姿勢で立ち向かう女性が現れた。

Kanye WestをディスしたJ. Coleの新曲“Middle Child”に対しPusha Tが警告を送る

今週水曜日にリリースされたJ. Coleの新曲“Middle Child”が波乱を呼んでいる。

Pusha-TがDrakeの『Scorpion』がグラミー賞の最優秀ラップアルバム部門にノミネートされていないことに「驚きはない」と語る

Pusha-Tが終結宣言を行い、一旦は落ち着いたとみられていたものの、先日のPushaのライブでの騒動など実は根が深いと思われるDrakeとのビーフ。特にPusha-TはDrakeのことが本当に気に食わないようだ。

Pusha-Tのトロントでのライブの騒動により3人が入院

先日、取り上げたトロントで行われたPusha-Tのライブでの騒動。Pusha-T本人に怪我はなかったものの、ライブ終了後、3人が病院へ入院することになったそうだ。その3人はそれぞれ命に別状はないとのこと。

Pusha-TがDrakeの地元トロントで行ったコンサート中にDrakeファンから襲撃を受ける

今年上半期ヒップホップシーンの話題を全てかっ攫ったといっても過言ではないPusha-TとDrakeのビーフ。

Pusha Tのライブ中スクリーンに“F**k Drake”の文字が表示されるも本人は関与を否定

ヒップホップシーンにおいて今年の上半期最大の話題になったと言っても過言ではないPusha TとDrakeのビーフ。Pusha Tによる強烈なディス曲“The Story of Adidon”に対するDrakeの返答が無いままビーフは終結したが、半年が経過した現在もその余波は残っているようだ。

Pusha TがDrakeの急所となった「息子の存在はDrakeの盟友Noah“40”Shebibから聞いた」と主張

今年の5月ごろに発生し、世界的に大きな話題となったDrakeとPusha Tとのビーフ。Pusha Tによる強烈なディストラック“Story of Adidon”に、Drakeが返答しないままアルバム『Scorpion』の発売などを経て鎮火したこの騒動だが、今回Pusha TがDrakeとのビーフの裏側をJoe Buddenのインタビューにて語っている。

Pusha TがKanye Westのワイオミングセッションは治療として始まったと語る

今年に入り、世間を賑わせ続けているKanye West。特に印象的だったのは5月から6月にかけてのリリースラッシュだ。彼は自身が関わる作品を一挙に5作品もリリースしたわけだが、それらの作品のレコーディングは全てワイオミングで行われたことは周知の事実だろう。いわゆるワイオミングセッションだ。

Pusha Tがレーベル社長の仕事のプレッシャーの大きさを明かす

待望のニューアルバム『DAYTONA』をリリースし、Drakeとのビーフも大きな話題を呼んだPusha T。

Pusha Tがビーフ相手Drakeの新作『Scorpion』について語る

Pusha TがGuardianのインタビューに登場し、激しいビーフを繰り広げたDrakeについて語っている。

Drakeのお母さんがPusha Tとのビーフについて「いい大人なんだから」と諌める

DrakeとPusha Tのビーフは、昨日伝えたようにDrakeはPusha Tに対しての新たなディス曲をリリースしない意向であるのが明らかになったことで、このまま収束に向かいそうだ。
もっと見る