Drakeのバースデイパーティで宿敵Pusha Tの曲をかけたDJがプレイを止められる

DrakeとPusha Tといえば昨年にかけて、近年稀にみる激しいビーフを繰り広げたことは記憶に新しい。Pusha T側が終結宣言を行ったものの、今年のNBAファイナルなど、今もなお両者のビーフは様々な場面に影響を及ぼしている。そんな中、先日行われたDrakeのバースデイパーティにて、彼の因縁の相手であるPusha Tの楽曲をかけたDJがプレイを止められるという事態が発生した。

先週木曜日、自身の33歳の誕生日を祝し、バースデイパーティを開催したDrake。各界のセレブ達が大集結したパーティは大盛り上がりだったようで、彼のInstagramではその様子を垣間見ることが出来る。


そんな豪勢なパーティのDJは重責が伴うわけだが、先述したように今回Drakeのバースデイパーティに出演したDJが宿敵Pusha Tの楽曲をプレイし話題になっている。


上の動画から、DJはChief Keefの代表曲“I Don't Like”のPusha Tのバースをかけようとしていることが分かる。しかし、参加者の1人がブースに近づき「やめろ」と声をかけている。

冒頭にも書いたように、DrakeとPusha Tの両者は昨年にかなり激しいビーフを繰り広げているため、流石に参加者も今回のDJの選曲を見過ごすことは出来なかったのだろう。

なぜ、DJがDrakeのパーティでPushaの曲をかけようと思ったのかは定かではないが、両者のビーフの火種となったDrakeの隠し子を暴露した楽曲“The Story of Adidon”をプレイしなかっただけましだったかもしれない。

related

DrakeがSpotify史上初めて合計500億回再生を突破

アルバムやシングルを発表する度に大きな話題を呼び、これまでにもチャートで歴史的な記録を数多く樹立してきたDrake。そんな彼が、また新たに驚くべき記録を打ち立てたようだ。

俳優のビル・マーレイとJenny LewisがDrakeの“Laugh Now Cry Later”をカバー

シンガーソングライターのJenny Lewisと、『ゴーストバスターズ』シリーズや『恋はデジャ・ブ』、『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られる俳優のビル・マーレイが、DrakeとLil Durkの“Laugh Now Cry Later”をカバーしている。

Drakeが自身と同じ香りのするキャンドルを販売

今年5月にミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』をリリースして以来まとまった作品は出していないものの、依然としてスターの地位を不動のものとしているDrake。そんな彼が、なんとフレグランス業界に参入し、まさかの商品を発売しようとしているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。