Drakeの呪いに対抗すべくNBAチームミルウォーキー・バックスのオーナーの娘がDrakeのビーフ相手だったPusha-TのTシャツを着て試合を観戦する

スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪い。最近ではDrakeが自身の呪いを逆手に取り、相手チームのジャージを着て、彼が応援するNBAチーム、トロント・ラプターズの勝利に貢献するなどスポーツ界を恐怖に落としいれている。そんなDrakeに対して、“毒をもって毒を制す”の姿勢で立ち向かう女性が現れた。

NBAチーム、ミルウォーキー・バックスのオーナーの娘であるMallory Edensはラプターズとの試合の際、Drakeと2018年に激しいビーフ関係にあったPusha-Tの顔が描かれたTシャツを着て試合を観戦した。

これに対しDrakeは試合後EdenのInstagramをフォローし、自身のプロフィール画像も彼女の写真に変更している。またストーリーで彼女の行動に対して「闘いではなんだってアリだよ。君の為のOVOフェスのチケットは取っておくよ」とコメントしており、相当彼女が気に入ったようだ。

しかし、肝心な試合結果はラプターズがバックスに5点差をつけての勝利となった。Pusha-Tの力を持ってしてもDrakeの呪いは鎮められなかったようだ。DrakeはラプターズをNBAファイナルに連れて行くと豪語しており、この勢いのまま勝ち続けてしまうのだろうか。その後結局ラプターズはDrakeの呪いが効力を発揮したのかチーム創設以来初となるNBAファイナル進出を決定している。

related

【特集】ラップとゲームを巡る14の出来事

人気ゲーム『フォートナイト』上で開催され、全世界から1000万人以上のアクセスを集めたTravis Scottによるライブイベント『Astronomical』。

Drakeが最新ミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』をリリース|6枚目のアルバムもアナウンス

先日は“Toosie Slide”がTikTok等でバイラルヒットを記録するなど、変わらず大きな存在感を見せ続けているDrake。そんな彼が今日、最新ミックステープ『Dark Lane Demo tapes』をリリースした。

Billie Eilishが自身とネットでやりとりをしているDrakeに対する「気持ち悪い」との声に反論

先日の2020年グラミー賞授賞式にて、主要4部門全てを含む5冠を達成する偉業を成し遂げたBillie Eilish。そんな彼女と個人的に親しくしているDrakeが、思わぬ批判を受けているようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。