NBAチーム76ersのオーナーがDrakeの呪いによって負けを喫した事に対して恨みを述べる

先日スポーツ界でまことしやかに囁かれているDrakeの呪いを紹介したが、その呪いによって実際に試合で負けを喫した76ersの共同所有者がCNBCのインタビューに応じた。

フィラデルフィア76ersの共同所有者であるMichael Rubin氏は「Drakeの呪いはみんな知っているよ。あれは恐らくスポーツ界で最後の呪いだろう。彼が着るユニフォームがどこのチームのものであれ、そのチームは呪われるよ。」とDrakeの呪いを認めている。

DrakeはNBAにおいて地元トロント・ラプターズを応援しており、プレイオフでもラプターズはチーム初のカンファレンスファイナルに進出したが、セミファイナルの最終戦でDrakeは呪いを逆手にとった行動に打って出たのだ。対戦相手の76ersのジャージを着ることで、76ersに対して呪いをかけることに成功。奇跡的なブザービーターでラプターズは勝利を収めた。

「Drakeは試合中、76ersのジャージを着た自分自身の写真を送ってきたんだ。俺はDrakeが物凄く憎いんだよ。」と冗談交じりにDrakeへの恨みを述べた。

また、Drakeはどうやら今週行われたNBAのドラフト抽選会においても呪いを発揮してしまったようだ。全体1位指名権を獲得するとされていたニューヨーク・ニックスが、獲得確率わずか6%だったニューオーリンズ・ペリカンズにその指名権を譲った。これに対しRubins氏は、Drakeがドラフト抽選会が開催される前にニューヨーク・ニックスのものを着ている写真を撮っていた、と発言している。

「俺の携帯にDrakeがニックスのものを着ている写真が入ってるよ。俺たちは1位指名権を逃す事を事前に知ってたんだ。彼の呪いが本物だって事を身をもって理解したからね。」とRubin氏は抽選会の開催前からニューヨーク・ニックスが指名権を逃す事を知っていた事を明かした。

ますます信憑性を増しているDrakeの呪い。チームとしては冗談とはいえ、Drakeとは関わりたくないのではないだろうか。

RELATED

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。