スポーツ界に広まるDrakeの呪いの恐怖 | 魔除けのために対戦相手の地元ラジオ局がDrakeの楽曲を放送禁止に

言わずと知れたヒップホップシーンのトップアーティストDrakeだが、最近ではスポーツ界にも影響力を及ぼし始めている。

先月はイタリアのサッカーチームACローマが、「ローマの選手は全員、シーズンが終わるまでDrakeと一緒に写真を撮ることを禁止する」とTwitterで通達を出すなど、サッカーチームの選手がDrakeと写真を撮るとそのチームが敗北するというジンクスがまことしやかに囁かれている。いわばDrakeの呪いだ。

またNBAにおいてはDrakeは地元トロント・ラプターズを応援しており、プレイオフでもラプターズはチーム初のカンファレンスファイナルに進出したが、セミファイナルの最終戦でDrakeは呪いを逆手にとった行動に打って出たのだ。対戦相手の76ersのジャージを着ることで、76ersに対して呪いをかけることに成功。奇跡的なブザービーターでラプターズは勝利を収めたのだ。

本日からスタートしたカンファレンスファイナルの対戦相手はミルウォーキー・バックスだが、地元ミルウォーキーのラジオがDrakeの呪い対策を行っていると話題になっている。ラジオ局103.7 KISS-FMは魔除けのためにカンファレンスファイナルが終わるまでDrakeの楽曲を放送禁止にすることで、Drakeの呪いの効力を封印しようと試みている。

ラジオ局の代表者はFacebookにアップしたメッセージで、Drakeに自身に対してはもちろん他意はないことを示唆しつつも、ラプターズのファンという理由で放送禁止を決めたと述べている。
この呪い対策が効果を発揮したのか、本日行われた第一戦でバックスは見事に勝利を収めている。果たしてDrakeの呪いはいつまで有効なのだろうか。

 

RELATED

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。