サッカー界で「Drakeと写真を撮った選手がいるチームは試合に負ける」というジンクスが広がる|イタリアのチームはDrakeと選手を接触禁止に

スポーツのような勝負事の世界にはジンクスがつきものだが、現在サッカー選手にとってDrakeが恐怖の対象となっているらしい。

イタリアのサッカーチームであるローマが昨日、公式Twitterにて「ローマの選手は全員、シーズンが終わるまでDrakeと一緒に写真を撮ることを禁止する」とアナウンスした。

XXLが報じるところによると、Drakeがフランスのパリ・サンジェルマンの選手と一緒に写真を撮ったところ、なんと先週日曜日の試合でチームが5対1という大敗を喫してしまったのだという。

With the 🦉 @champagnepapi 🙏🏽 📸 @bassforreal

Layvin Kurzawa 20さん(@kurzawa_20)がシェアした投稿 -

さらにはイギリスのアーセナルやマンチェスターシティの選手もDrakeと一緒に写真を撮ったところ、チームが試合に負けてしまったそう。こうして現在、サッカー界では選手がDrakeと一緒に写真を撮ったチームは試合に負ける、という「Drakeの呪い」の噂が広がっている。

ローマの対応は「Drakeの呪い」を恐れてのものだったようだが、Drakeにとっては試合に負けたことを自身のせいにされるという大変気の毒な話である。このままでは二度とサッカー選手と写真を撮ることが出来なくなってしまいそうだが、果たしてDrakeは不名誉なジンクスを払拭することが出来るのだろうか?

RELATED

WileyがまたもやDrakeを「カルチャーのハゲタカ」「異教徒」とディス

以前、Drakeがダンスホールを取り入れた楽曲を発表した際にUKのアーティストたちから「文化の盗用」として批判を受けたことを覚えているだろうか?中でも急先鋒に立ってDrakeを非難していたベテラングライムMCのWileyが、またもやDrakeをディスし話題を呼んでいる。

DrakeがNBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートを練習

Drakeといえば、地元トロントのNBAチームであるトロントラプターズに対する過剰な愛も話題になるほどのバスケ好きとして知られているが、そんな彼が今回、NBAのシューティングコーチとともにジャンプシュートの練習を行った。

Drakeがビートルズのタトゥーを入れたところビートルズのファンから怒りを買う

昨年のアルバム『Scorpion』をリリースした際に数々のチャート上の記録を打ち立てたDrake。特に全米シングルチャートトップ10にランクインした数がビートルズを超えたことは大きな話題を呼んだが、そんな彼が自身の腕にビートルズのタトゥーを入れたことで非難を浴びている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。