Rick RossがKanye WestにPusha Tを紹介した際のエピソードを披露

G.O.O.D. Musicの二大リーダーといえばKanye WestとPusha T。現在では盟友として知られる二人の出会いには、Rick Rossが大きく貢献していたようだ。

Rick Ross本人がFaderに寄稿した記事によると、Kanyeが『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』をレコーディングしている際に、ClipseのメンバーであったPusha TをRick Rossが紹介。「朝食を食べている最中、KanyeとPusha Tの話をした。PushaはヴァージニアのClipseの一人で、3rdアルバム『Till the Casket Drops』をドロップしたばかりだった。Kanyeは“Kinda Like a Big Deal”でフィーチャーされていたが、実際にアルバムには参加していなかった。彼はT.I.の“On Top of the World”という曲のためにリリックを書いたんだが、どういうわけか代わりにClipseの曲に入っていたんだ。KanyeはPusha Tを知らなかった。でも、俺が紹介したんだ。彼はこの環境で役に立ってくれると思ったし、レーベルにも入れるよう勧めた」とRick Rossは綴っており、当初Pusha Tの存在を知らなかったKanyeにRick Rossが彼を紹介し、G.O.O.D.に入れることまで勧めたという経緯が明かされている。

その後Pusha Tと意気投合したKanyeは『MBDTF』の中の数曲に彼を参加させ、レコーディングが順調に進んだという。ComplexによるとG.O.O.D.に加入した際Pusha Tは2010年のVMAでそのことを発表し、取材に対し「間違いなくG.O.O.D. Musicと契約してるし、そこからソロプロジェクトをやる。Clipseからも新しいプロジェクトは出るし、家族はまだそこにいるけどな」と語っていたそうだが、その後彼はG.O.O.D.でのソロを活動のメインに据えていくことになるのはご存知の通り。人に歴史ありといったところだろうか。

Rick RossによるFaderの記事の全編はこちらから読むことが出来る。

related

Kanye WestのYeezyが新型コロナウイルスの影響を受け200万ドル以上の融資を受けたことが判明

先日はGAPとのコラボレーションが発表されるなど好調な様子を見せているKanye WestのブランドYeezy。新型コロナウイルスの世界的なパンデミックによりファッションブランドを含む多くの企業が経済的な打撃を受ける中、Yeezyが経営を維持するために多額の融資を受けていたことが報じられている。

Kanye WestがTravis Scottをフィーチャーした新曲“Wash Us In The Blood”をリリース|BLMと連動したMVも公開

先日Dr. Dre、Snoop Doggとレコーディングを行っていたことが報じられ、新作『God’s Country』のリリースを予告していたKanye West。そんな彼が、Travis Scottをフィーチャーした新曲“Wash Us in the Blood”をリリースした。

Snoop DoggがKanye West、Dr. Dreとのレコーディングの模様を公開

先日はGAPとのコレボレーションを発表するなど、精力的な活動を再開しつつあるKanye West。そんな彼がDr. Dre、そしてSnoop Doggとのレコーディングを行っていたことが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。