Jay-ZのNFLチームへのオーナー就任を関係筋が否定

先日、NFLとパートナーシップ契約を結び、来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが報じられるとともに、NFLチームのオーナーに就任するというも囁かれていたJay-Z。しかし、一転して彼がNFLチームのオーナーとなる可能性が否定されている。

Complexによると、Jay-Zが来年以降のハーフタイムショーのプロデューサーになることが発表された直後、TMZは彼がNFLチームのオーナーにも就任するのではないかと報じていたが、NFLの関係者がその事実を否定しているようだ。その関係者はCBS Sportsに対して、Jay-Zがオーナーになるという報道を「事実無根だ」と述べているそう。また、CBS Sportsのとある関係者によるとRoc NationとNFL内部では現在、誰が誤った情報を漏らしたのか探っているとのこと。

さらにNFL内部の関係者はCBS Sportsの取材に「この種の取引はNFLには存在しない」と話した上で、NFLチームのオーナーに就任するためには厳しい審査プロセスを経なければならないと説明したようで、あくまでもJay-ZがNFLチームのオーナーに就任することはないと主張している。

以前には地元ブルックリンのNFLチームであるブルックリンネッツの株式を所持していたこともあるJay-Zだが、今回はオーナーになることはなさそうだ。いずれにせよ昨年、人種差別問題に揺れたNFLを彼がどのように変えていくのか見物である。

related

Jay-Zが自身のマリファナブランド『Monogram』をスタート

ラッパーがマリファナビジネスに参入し、自身のブランドをスタートさせることは珍しくない。過去にはWiz KhalifaやPost Maloneといったマリファナを愛するラッパーたちがブランドを立ち上げていたが、今回、ついにヒップホップシーンきっての大物Jay-Zが参入を発表した。

Alicia KeysがNFLと協力し黒人が運営する企業やコミュニティを支援する基金を設立

アメリカでは9月10日、第101回目のNFLが開幕となった。そんな中、キックオフイベントに出演したAlicia Keysが、NFLと協力し黒人が所有する企業やコミュニティへの支援を目的とした基金を設立すると発表した。

PharrellとJay Zのコラボ曲"Entrepreneur"のミュージックビデオが公開 | 日本初の黒人経営者によるアニメスタジオD’ART Shtajioなど世界で活躍する黒人の起業家たちへの敬意と称賛を表現

Pharrell WilliamsがJay Zをフィーチャリングに迎えた新曲"Entrepreneur"をリリースし、ミュージックビデオも公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。