Jay-ZのNFLチームへのオーナー就任を関係筋が否定

先日、NFLとパートナーシップ契約を結び、来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが報じられるとともに、NFLチームのオーナーに就任するというも囁かれていたJay-Z。しかし、一転して彼がNFLチームのオーナーとなる可能性が否定されている。

Complexによると、Jay-Zが来年以降のハーフタイムショーのプロデューサーになることが発表された直後、TMZは彼がNFLチームのオーナーにも就任するのではないかと報じていたが、NFLの関係者がその事実を否定しているようだ。その関係者はCBS Sportsに対して、Jay-Zがオーナーになるという報道を「事実無根だ」と述べているそう。また、CBS Sportsのとある関係者によるとRoc NationとNFL内部では現在、誰が誤った情報を漏らしたのか探っているとのこと。

さらにNFL内部の関係者はCBS Sportsの取材に「この種の取引はNFLには存在しない」と話した上で、NFLチームのオーナーに就任するためには厳しい審査プロセスを経なければならないと説明したようで、あくまでもJay-ZがNFLチームのオーナーに就任することはないと主張している。

以前には地元ブルックリンのNFLチームであるブルックリンネッツの株式を所持していたこともあるJay-Zだが、今回はオーナーになることはなさそうだ。いずれにせよ昨年、人種差別問題に揺れたNFLを彼がどのように変えていくのか見物である。

RELATED

Chance The Rapperが「俺はJay-Zがプロデュースするハーフタイムショーには出ない」と発言

人種差別に抗議したコリン・キャパニック選手の処遇が批判を浴びたNFL。それに伴い昨年のスーパーボウルハーフタイムショーでは多くのアーティストが出演を拒否したことが報じられた。その打開策としてNFLはJay-ZとRoc-Nationにハーフタイムショーのプロデュースを任せたようだが、それでも出演に意欲を示さないアーティストはいるようだ。

Jay-ZがNFLチームのオーナーに就任する可能性が浮上

先日はNFLとパートナーシップ契約を結び、来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが報じられたJay-Z。そんな彼が、今度はNFLチームのオーナーに就任する可能性が浮上した。

Jay-ZとRoc Nationが来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが明らかに

人種差別に抗議し、国歌斉唱の際に起立しなかったコリン・キャパニック選手にFA宣言をしたことで多くの批判を浴びたNFL。その目玉イベントであるスーパーボウルハーフタイムショーを巡って昨年は様々な騒動が巻き起こったが、そんなハーフタイムショーになんとJay-ZとRoc Nationがプロデューサーとして参加することが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。