Jay-ZがNFLチームのオーナーに就任する可能性が浮上

先日はNFLとパートナーシップ契約を結び、来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが報じられたJay-Z。そんな彼が、今度はNFLチームのオーナーに就任する可能性が浮上した。

Complexが報じるところによると、NFLに近いとある関係者がTMZに対し「Jay-ZがNFLチームのオーナーになることに強い興味を示している」とのタレコミを行ったそう。関係者は「Jay-ZはNFLの大ファンで、スポーツビジネスも行っており、NFLのチェンジアージェントを続けたがっているようです」と語っている。

Jay-Zがどのチームのオーナーにいつから就任するのかは未定だが、彼はブルックリンネッツの株を少数所持していたため、地元ブルックリンのチームとなんらかの関係を持つという見込みもある。

ハーフタイムショーの共同プロデューサーに就任するだけでなく、さらに一つのチームを手がけることになればJay-ZはNFL内でかなりの地位を持つことになる。人種差別が問題となったNFLの内部にJay-Zはどのような変化をもたらすことが出来るのだろうか。

related

Alicia KeysがNFLと協力し黒人が運営する企業やコミュニティを支援する基金を設立

アメリカでは9月10日、第101回目のNFLが開幕となった。そんな中、キックオフイベントに出演したAlicia Keysが、NFLと協力し黒人が所有する企業やコミュニティへの支援を目的とした基金を設立すると発表した。

PharrellとJay Zのコラボ曲"Entrepreneur"のミュージックビデオが公開 | 日本初の黒人経営者によるアニメスタジオD’ART Shtajioなど世界で活躍する黒人の起業家たちへの敬意と称賛を表現

Pharrell WilliamsがJay Zをフィーチャリングに迎えた新曲"Entrepreneur"をリリースし、ミュージックビデオも公開した。

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。