JAY-Zの音楽配信サービス『Tidal』が経営難との報道 | あと半年で資金が底を尽きる可能性も

JAY-Zの音楽ストリーミングサービス『Tidal』が経営難に陥っていると報道された。現金資金とユーザー数に悩まされている『Tidal』は、あと約6ヶ月で資金が底を尽きる可能性があるとのこと。

ノルウェーの経済紙『Dagens Næringsliv』は、Tidalは登録ユーザー数を誇張していると主張している。さらに、同紙はこのままいくとTidalはあと6ヶ月運営できるだけの資金しか残っていないと明かした。

今年1月に携帯会社『Sprint』がTidalの株式を33%買収。ソフトバンクの子会社である『Sprint』から出資があったにも関わらず、1年経たずにもう経営が危うくなっているというのだ。

以前から経営危機の問題が噂されていたTidal。2015年には多大な損失を報告しており、他にもアーティストとの訴訟問題や幹部解雇の問題に直面していた。今年頭にもノルウェーのビジネス経済新聞『Dagens Næringsliv』が、Tidalは登録ユーザー数を水増しして報告している疑惑があると報道。Tidalはメディアではユーザー数は300万人と公言しているが、社内資料ではユーザー数は120万人と記されていたとのこと。

今回のユーザー数誇張と経営難についてTidal側からまだ声明は発表されていないが、ニュースサイト『Engadget』でTidalは「Tidalはビジネス発足以来、様々なネガティブなことに直面してきた。しかし我々はこの事業を毎年成長させようとしている」と語り、2018年中頃には黒字化すると断言している。

related

PharrellとJay Zのコラボ曲"Entrepreneur"のミュージックビデオが公開 | 日本初の黒人経営者によるアニメスタジオD’ART Shtajioなど世界で活躍する黒人の起業家たちへの敬意と称賛を表現

Pharrell WilliamsがJay Zをフィーチャリングに迎えた新曲"Entrepreneur"をリリースし、ミュージックビデオも公開した。

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。