YouTubeが新たな音楽ストリーミングサービスを来週の火曜にローンチ

YouTubeが来週の火曜日に新たな音楽ストリーミングサービスYouTube Musicをローンチすると発表した。

GeniusとYouTubeが新プロジェクトSong Storiesを始動 | ヒット曲やジャンルの背景を多角的に紹介

歌詞サイトのGeniusと動画プラットフォームのYouTubeによる新しいプロジェクトSong Storiesが始動した。

ユーチューバーが「Gucci Gang」と100万回言う動画を生配信し、動画の広告費で稼いだお金を全て募金

YoutuberのGraham The Cristianが、Lil Pumpのヒットソング”Gucci Gang”のフレーズ「Gucci Gang」を100万回言うという挑戦を行い、生配信。今回の動画で稼いだお金を全て慈善運動『Red Nose Day』に募金した。

ホワイトノイズを流すだけのYouTube動画が著作権侵害の対象となった理由

とあるユーザーがYouTubeにアップロードしたホワイトノイズの動画が、他ユーザーから著作権侵害の申告を受け、YouTubeから5つの異なる侵害を指摘されたとDigital Music Newsが伝えている。しかし、ホワイトノイズにおける著作権とは一体何を指すのだろう。そもそも、ホワイトノイズ動画と...

Post Maloneの"Rockstar"などで注目されたループビデオの再生回数が今後はチャートに反映されないことに

Post Maloneの"Rockstar"のヒットにより注目されたYoutubeのループビデオであるが、今後これらはBillboardなどのチャートで反映されなくなるという。YouTubeが再生回数に関するルールの変更を明かした。

ニール・ブロムカンプ監督が立ち上げた新しい試み『Oats Studio』

You Tubeなどで無料のSFショートフィルムを公開しているチャンネル、Oats Studioが話題になっている。このチャンネルで公開されているショートフィルムは日本語字幕付きで鑑賞することが可能だ。

サードパーティーによるYouTube視聴回数がBillboardチャートにカウントされるように

サードパーティーによってアップされるYouTube動画における曲の再生回数が、Billboard 200のチャートのカウントに考慮されるようになるということが報じられた。

Lil Uzi Vert、21 Savage、Cardi Bなどのヒット曲の歌詞をめちゃくちゃに絶叫するYoutuber

日本でも様々な種類のYoutuberが存在するが、Hunter1s1kのようなタイプは珍しいかもしれない。

月間6000万ユーザーを誇る世界最大の違法ダウンロードサイトが閉鎖へ

Youtubeのミュージックビデオなどから、曲を無断で音源ファイル化してユーザーにダウンロードさせていたサイトYoutube-mp3.orgが閉鎖されることになった。

Luis Fonsiの"Despacito feat. Daddy Yankee"が30億回再生に到達しYoutubeで最も観られたビデオに

先日Wiz Khalifaの"See You Again feat. Charlie Puth"がPSYの"江南スタイル"から、Youtubeで最も再生されたビデオの座を奪ったニュースをお伝えしたばかりだが、その記録はすぐさま破られることになってしまった。

デジタル時代のサンプリング楽曲検索サイト『sample search』

昔はサンプリングといえば、ビートメイカーたちが血眼になって探したレコードコレクションから、さらにサンプリングにふさわしい箇所を見つけ出すという工程が必要だった。もちろん現在でもこうした方法も存在するが、サンプリング元をYoutubeで検索するということも、すでに新たな手法になっている。

Wiz Khalifaの"See You Again ft. Charlie Puth"がPSYの"江南スタイル"を超えYoutubeで最も再生されたビデオに

Youtubeのビデオの再生回数は、今の音楽シーンにおける大きな指標の一つであるのは間違い無いだろう。以前は数千万回再生されるビデオは珍しかったが、今は1つの通過点にしか過ぎず、1億再生越えのビデオも多くなってきている。

YouTubeでの1日あたりの視聴時間が10億時間を超える

YouTubeでの1日あたりの視聴時間が10億時間を超えたことをGoogleがブログで明らかにした。

今年一番再生されたMVのTOP10をVEVOが発表。昨年末リリースされたJustin Bieber「Sorry」がトップの座を獲得

今年一番視聴されたミュージックビデオTOP10。No.1はJusitin BieberのSorry。2015年のリリースが大半を占める。
もっと見る