Post Maloneの"Rockstar"などで注目されたループビデオの再生回数が今後はチャートに反映されないことに

Post Maloneの"Rockstar"のヒットにより注目されたYoutubeのループビデオであるが、今後これらはBillboardなどのチャートで反映されなくなるという。YouTubeが再生回数に関するルールの変更を明かした。

ストリーミングプラットフォームにおける曲の再生回数のルールがYouTubeの新しいポリシーによって変更されるようだ。Billboardなどのチャートにおけるシングル曲の再生回数の計算において、ループビデオや曲の一部のみしか公開されていないビデオの再生回数は今後カウントされなくなるという。

以前FNMNLでも詳しく報じているが、8週間に渡りBillboardのHot100において1位となったPost Maloneと21 Savage による"Rockstar"のスマッシュヒットの背景には、ループビデオによるマーケティング戦略があったと言う声が少なくない。ひたすら曲のコーラス部分のみがループされるこのビデオは4000万回以上再生され、シングルの成功の一助となったという。詳しくはこちらの記事を参考にしていただきたい。

今回のポリシー変更について、YouTubeのスポークスマンはPitchforkに以下のように話している。

「不正確で誤解を招くメタデータの元となっているループビデオは、YouTubeのポリシーに違反するものであるため、現在私たちはこれらを取り除くための積極的な取り組みをしています。さらに、フルで視聴できる楽曲であるように思わせるなどユーザーを欺くことを意図してアップロードされたプレビューや抜粋、ループなどの再生回数は、いかなるチャートにも反映されないようになります。」

YouTube音楽部門のグローバル・ヘッドであるLyor Cohenも今回のポリシーの変更について認めているという報道もされている

2018年からはYouTubeやSpotifyフリーなどによる再生回数よりも、Apple MusicやSpotifyプレミアムのような有料サービスによる再生回数が、チャート計算においてよりウェイトの高いものとなる、という発表も先日Billboardから出たばかりだ。新しいサービスやマーケティング手法が生まれ続けるなか、今後もストリーミング再生のチャートにおけるカウントに関するルールは修正が続いていくことになるだろう。

(辻本秀太郎)

RELATED

YouTubeにアップロードされているミュージックビデオ1000本以上がHDリマスターされることが発表

YouTubeには公式のMVをアップロードするサイトVEVOから様々なアーティストのMVがアップロードされている。その中には古いものも存在し低画質で視聴せざるを得ない状況だったが、今回、YouTubeのMV1000本以上のHDリマスターバージョンが配信されることが発表となった。

Post Maloneがカントリーファンからの批判を受けるLil Nas Xを擁護

先日、ついにBillboardシングルチャートで7週連続となる1位を獲得したLil Nas Xの“Old Town Road”。フィーチャリングで楽曲に参加してくれたBilly Ray Cyrusにマセラティをプレゼントするなど、夢のようなサクセスストーリーを歩み続けている彼だが、楽曲のヒット当初にカントリーチャートから除外されたことをはじめ、元来のカントリーファンから批判を受けていることも事実だ。そんな中、TMZの取材を受けたPost MaloneがLil Nas Xを擁護する発言をしている。

Post Maloneが自身のマリファナブランド「Shaboink」を設立か

アメリカでマリファナの合法化が進み、ビジネスの一大分野となった昨今。アーティストがマリファナビジネスに進出することも珍しくなくなったが、なんとPost maloneが自身のマリファナブランドを立ち上げようとしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。