Post MaloneとCrocsの最新コラボレーションコレクションが登場 | ファン5000人へのプレゼント企画も実施

長年にわたるCrocsファンとして知られるPost MaloneとCrocsとのコラボレーションコレクション第5弾が発表となった。

「Post Malone x Crocs Duet Max Clog II」と名付けられた今回のコレクションでは、色鮮やかなピンクとブラックの 2 色が登場。

製品名: Post Malone x Crocs Duet Max Clog II
色 : Black, Pink
サイズ: M4/W6(22cm)- M11(29cm) 価格: ¥6,500(税抜)

タフなアウトソールにアジャスタブルなホックとループ留め付きのバックストラップ、Post Maloneのイニシャルがあしらわれたリベット、さらにはストラップクリップとPost Maloneのこだわりが詰まったギミックが盛り込まれている。

製品名: PostyCo Pink 3 Pack (PostyCo ピンク 3 パック) 価格: ¥1,500(税抜) 製品名: PostyCo Black 3 Pack (PostyCo ブラック 3 パック) 価格: ¥1,500(税抜)

今回のコラボレーションでは別売りのジビ ッツチャームパックが2セットラインナップ。グレープやハート、アヒルのモチーフに加え、Post Maloneのタトゥーからインスピレー ションを受けてデザインされている。

さらに第五弾の発売を記念してSNS上でのサプライズとしてNY、LA、シカゴ、ダラス、オースティン、ソルトレイクシティ、トロント、ロンドン、パリ、ベルリン、アジアにおいては東京とシドニー限定で合計5,000 人ものファンへ、発売に先駆けてシューズを無料配布するキャンペーンを実施。当選者には、早ければ応募当日中にコラボレーションシューズが届けられている。

Post Maloneは今回のコラボレーション発売に際して、「5,000 足のシューズをギブアウェイ することで、ファンのみんなに感謝の気持ちを伝えたい。クロックスとコラボレーションする度に前よりも良いものを作りたいと思っているし、今回のデザインにもとてもワクワクしている。ファ ンにとっても、記憶に残る 1 足になるだろう。」とコメントしている。

「Post Malone x Crocs Duet Max Clog II」は12/10(木)の午前11時からブランド公式オンラインショップに加え、atmosオンラインショップおよび Sneakersnstuff Tokyo店頭にて販売を開始する。価格はフットウェアが 6,500 円(税抜)、ジビッツTM チャームパックが各1,500 円(税抜)だ。

Info

【クロックス カスタマーサポート】TEL : 0120-55-9694 (9:00-18:00 土日祝日を除く)

【公式オンラインショップ】http://www.crocs.co.jp/

related

Crocsがタイダイ柄を取り入れた2021年コレクション第一弾を発表|ビジュアルにとんだ林蘭を起用

Crocsが1960 年代カウンターカルチャーを象徴するデザインとして生まれ、昨今定番化しつつあるタイダイ柄の新作を発表した。

Post Maloneが歯医者の治療を受けながらタトゥーを入れる

昨年リリースのアルバム『Hollywood’s Bleeding』が大ヒットを記録し、今年はまとまった作品をリリースしていないものの存在感を保ち続けているPost Malone。そんな彼が、歯の治療を受けながらタトゥーを入れていたことが話題を呼んでいる。

Crocs™️とJustin Bieberのコラボレーションが実現

カジュアルフットウェアブランドのCrocs™️と言わずと知れた世界的人気アーティストJustin Bieberのコラボレーションで『Crocs™️ × Justin Bieber with drew Classic Clog』限定モデルが日本時間の10月14日(水)午前10時より、 Crocs™️公式オンラインショップにて発売される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。