Post Maloneが歯医者の治療を受けながらタトゥーを入れる

昨年リリースのアルバム『Hollywood’s Bleeding』が大ヒットを記録し、今年はまとまった作品をリリースしていないものの存在感を保ち続けているPost Malone。そんな彼が、歯の治療を受けながらタトゥーを入れていたことが話題を呼んでいる。

Complexによると、今年8月にニューヨークの歯科医Thomas Connellyが、自身の治療を受けると同時にタトゥーを入れているPost Maloneの衝撃的な姿を公開。

今週公開された『Jimmy Kimmel Live』に出演した際、その件について尋ねられた彼は、「一石二鳥だよ。なんでダメなんだ?どっちにしろ、俺は数時間何もせずに座っていることになるんだ。二つの痛いことを同時に終わらせたらいけないのか?」と答え、タトゥーと歯の治療という、どちらも痛みを伴う処置を同時に行うことを効率的だと考えていることを明かした。

Post Maloneといえば一時期からタトゥーを顔に入れ始め、今や顔に施された有刺鉄線や「Always Tired」の文字といったタトゥーがトレードマークとなっている。彼が顔にタトゥーを入れたのは「お母さんを怒らせるため」であったことも語られていたが、歯の治療を受けている最中にさえタトゥーを入れたくなるほど、タトゥーを入れることが好きなのだろう。

来年以降も、彼の楽曲だけでなくタトゥーが増えていく様子も楽しみにしていきたいところだ。Post Maloneが出演した『Jimmy Kimmel Live!』はこちらから観ることが出来る。

related

Post MaloneとCrocsの最新コラボレーションコレクションが登場 | ファン5000人へのプレゼント企画も実施

長年にわたるCrocsファンとして知られるPost MaloneとCrocsとのコラボレーションコレクション第5弾が発表となった。

Post Maloneが過去に複数回UFOと遭遇した経験を語る

先日はビアポンの大会『World Pong League』の主催に向けて動いていることが報じられたPost Malone。そんな彼が、過去にUFOを目撃した経験について語っている。

Post Maloneがビアポンの大会『World Pong League』を主催か

ここ最近はまとまったリリースが無いものの、新型コロナウイルス感染拡大防止への支援としてNirvanaをトリビュートした配信ライブを開催し、またビジネスにも力を入れているPost Malone。そんな彼が、バーティゲームとして世界的に人気なビアポンの大会を主催することが明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。