Post Maloneがビアポンの大会『World Pong League』を主催か

ここ最近はまとまったリリースが無いものの、新型コロナウイルス感染拡大防止への支援としてNirvanaをトリビュートした配信ライブを開催し、またビジネスにも力を入れているPost Malone。そんな彼が、バーティゲームとして世界的に人気なビアポンの大会を主催することが明らかになった。

ビアポンは、テーブルの端に置かれたビールのグラスを目掛けてピンポン玉をテーブルの向こう側から投げ入れるゲーム。当初は飲み会やパーティの席で行われるパーティゲームだったビアポンは、その人気からスポーツの一つとして大会が開催されるまでに発展している。

XXLによると、Post Maloneは7月14日に『World Pong League』という大会名をアメリカの特許商標庁に申請したことが判明。この商標登録によって彼はビアポンの大会を主催するほか、イベントや展示会を開催することが可能になった。さらに『World Pong League』のマーチャンダイズとしてTシャツやフーディ、またグラスやカップといった商品も販売される見込みだという。

以前からBud Lightの広告に登場するなどビール業界と深い繋がりを持っている彼だけに、ビアポンの大会に参入することも頷ける。

『World Pong League』はPost Maloneと彼のマネージャーであるDre Londonによって主催されるようで、今後も大会がどのような動きを見せるか注目だ。日本ではまだまだ普及しているとは言えないビアポンだが、Post Maloneのファンの方はこの機会にゲームに挑戦してみてはいかがだろうか?

related

Post Maloneが歯医者の治療を受けながらタトゥーを入れる

昨年リリースのアルバム『Hollywood’s Bleeding』が大ヒットを記録し、今年はまとまった作品をリリースしていないものの存在感を保ち続けているPost Malone。そんな彼が、歯の治療を受けながらタトゥーを入れていたことが話題を呼んでいる。

Post MaloneとCrocsの最新コラボレーションコレクションが登場 | ファン5000人へのプレゼント企画も実施

長年にわたるCrocsファンとして知られるPost MaloneとCrocsとのコラボレーションコレクション第5弾が発表となった。

Post Maloneが過去に複数回UFOと遭遇した経験を語る

先日はビアポンの大会『World Pong League』の主催に向けて動いていることが報じられたPost Malone。そんな彼が、過去にUFOを目撃した経験について語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。