【特集】荒井優作が選ぶ「カオスと交わる日本語ラップ」

先日Bandcampにて2015年頃に制作した音源をまとめたアルバム『近く』をリリースしたビートメイカー・プロデューサー荒井優作。独特の浮遊感と緊張感を持ち合わせたトラックで知られる彼は、これまでもGOODMOODGOKUとの傑作コラボ作品『色』などで知られるように、日本のラップとも彼らしい距離で関わってきた。

今回、そんな荒井優作に自身が偏愛する日本語ラップの楽曲の中から「カオスと交わる日本語ラップ」をテーマとしたプレイリストを選曲してもらった。いずれもどこか歪でありながら、その歪さこそがヒップホップの魅力を体現しているような楽曲たち。2000年代から現在に至るまでの様々な動きを振り返ると同時に、荒井優作がこれらから受けてきた影響も感じることが出来る選曲となっている。

非合理でいびつなトラックに、身ぶり手ぶりでフリーキーなラップ。自分は第一に、ヒップホップのそうした部分にハマったのかもしれない。要は、「なんかよく分かんないけどヤバいし、身体もノってくる」という事だ。今回のプレイリストでは、日本語ラップに焦点を絞り、「カオス」というキーワードに沿って選曲した。時に「路上」から、時に「たまり場」から、時に「自己」から生まれるその「カオス」は、しがらみの中でしがらみを振り切り、人が想像できないような地点まで連れて行ってくれる。

1. ILLMURA - "列島最前線" (Prod. 最先端恐怖症企画) (2000)
Prod. 最先端恐怖症企画

2. NIPPS - "God Bird Feat. KB, XBS, GORE-TEX, DEV MOB X" (Album Mix) (Prod. Rydeen)(2002)

https://music.apple.com/jp/album/midorinogohonyubi-presents-midorinogohonyubi-music/1442975604

3. KILLER BONG - "IN THE ROOM" (Prod. KILLER BONG) (2003)

4. 降神 - "不況和音" (Prod. Onimas) (2004)

5. 漢 a.k.a. GAMI - "漢流の極論" (Prod. O-KI) (2005)

6. Kanata - "Scientist N.K." (2006)
https://music.apple.com/jp/album/gray-room-1-1-what-is-going-on-in-the-next-room/212895580

7. MONJU - "INNERVISION" (Prod. 16FLIP) (2007)

8. B.I.G Joe - "Public Enemy No.1" (Prod. Bun) (2008)

9. Illmura + Bun - "One" (Prod. Bun) (2009)

10. O2 - "街道 14" (Prod. Hoshiba) (2009)

11. HI-DEF from CIAZOO - "PAINT IT GRAY" (Prod. TONO SAPIENS) (2010)

12. JAPS-KK - "DT24" (Prod. Shyari No Kuro) (2010)

13. Campanella - "Swag666" (Prod. Mimosa pudika) (2011)

14. FReECOol - "頭狂Jack (feat. 輪入道 & 焚巻)" (Prod. FReECOol) (2012)

15. DEKISHI - "FAAAST" (Prod. soakubeats) (2013)

16. Hidenka × Fumitake Tamura (Bun) - "Pistol" (Prod. Fumitake Tamura (Bun)) (2014)

17. Kohh - "Drugs" (Prod. OMSB) (2014)

18. Bushmind - "Friends Kill feat. NIPPS & B.D." (Prod. Bushmind) (2015)

19. Cherry Brown & K-BOMB - "ジェミニメン" (Prod. Lil'諭吉) (2016)

20. Tohji - "mAntle fuck" (Prod. Tohji) (2018)

21. Showy - "ONLY (feat. SEEDA)" (Prod. Showy Victor) (2019)

22. NENE - "地獄絵図 (feat. NIPPS)" (Prod. estra) (2020)

 

Info

アーティスト:荒井優作
タイトル:近く
リリース:2020年7月1日(水)
Bandcamp:https://yusakuarai.bandcamp.com/

トラックリスト

1.。っ
2.ラ
3.中華
4.for
5._
6.原色
7.hello, goodbye (feat. 新仲間)
8.何時?
9.chorus
10.11月
11.像

All songs were recorded in 2015 (except track9 recorded in 2016)

Artwork:箕浦建太郎
Mastering:土井樹

related

荒井優作が2015年頃に制作した音源をまとめたアルバム『近く』をリリース

ビートメイカー・プロデューサーとしてGOODMOODGOKUとの共作『色』などで知られている荒井優作が、本日7/1(水)にアルバム『近く』をリリースした。

ダンスミュージックとしてのラップにフォーカスしたパーティー『GET LOOSE』の第二回に荒井優作やHERONが登場

ユース層を中心に大きな盛り上がりを見せて新世代のラップのプロデューサーやダンスミュージックとしてのラップにフォーカスしたパーティー『GET LOOSE』の第二回目が、3/14(土)に東京・渋谷のWWWβで開催される。

Tohjiがミックステープ『angel』のリリースパーティー『HYDRO』を開催 | ゆるふわギャング、Loota & mojomossomen、荒井優作、FUJI TRILL、MURVSAKIも出演

今月リリースされたTohjiの1stミックステープ『angel』のリリースパーティー『HYDRO』を、9/15(日)に東京・渋谷WWW Xで開催する。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。