Post Maloneが自身のマリファナブランド「Shaboink」を設立か

アメリカでマリファナの合法化が進み、ビジネスの一大分野となった昨今。アーティストがマリファナビジネスに進出することも珍しくなくなったが、なんとPost maloneが自身のマリファナブランドを立ち上げようとしていることが明らかになった。

Post Maloneは「Shaboink」というマリファナブランドの立ち上げを計画しているようで、カリフォルニア州サンタローザにて開催されたマリファナイベントで設立がアナウンスされたという。イベントではShaboinkのバッズやVapeなどが公開され、また今後はCBD商品やペーパー、グラインダー、アクセサリーなどの商品を販売する予定とのこと。

Complexが伝えるところによるとShaboinkはPost Maloneの24歳の誕生日である7月4日にローンチされるそうで、カリフォルニア州の薬局を中心に商品が展開されるそうだ。

世界中で大きな人気を誇るPost MaloneのブランドだけにShaboinkはかなりの注目を集めそうだが、果たしてその品質はどれ程のものなのだろうか?もちろん日本で体験することは不可能だが、ブランドの今後の成長が気になるところだ。

RELATED

Post Maloneが故Mac Millerと共にアルバムを制作する予定だったことを明かす

昨年9月に突然この世を去ったMac Miller。生前の彼と、先日ニューアルバム『Hollywood's Bleeding』をリリースしたPost Maloneが共にアルバムを作る予定だったことが明らかになった。

Post Maloneが来月にニューアルバムをリリースすると予告 | 函館でバカンスを楽しんだのも話題に

Post Maloneが昨年リリースのアルバム『Beerbongs & Bentleys』以来となるニューアルバムを、来月にリリース予定だとアナウンスした。

Post Maloneがカントリーファンからの批判を受けるLil Nas Xを擁護

先日、ついにBillboardシングルチャートで7週連続となる1位を獲得したLil Nas Xの“Old Town Road”。フィーチャリングで楽曲に参加してくれたBilly Ray Cyrusにマセラティをプレゼントするなど、夢のようなサクセスストーリーを歩み続けている彼だが、楽曲のヒット当初にカントリーチャートから除外されたことをはじめ、元来のカントリーファンから批判を受けていることも事実だ。そんな中、TMZの取材を受けたPost MaloneがLil Nas Xを擁護する発言をしている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。