デジタル時代のサンプリング楽曲検索サイト『sample search』

昔はサンプリングといえば、ビートメイカーたちが血眼になって探したレコードコレクションから、さらにサンプリングにふさわしい箇所を見つけ出すという工程が必要だった。もちろん現在でもこうした方法も存在するが、サンプリング元をYoutubeで検索するということも、すでに新たな手法になっている。

そんな時代を象徴するかのようなサイトが登場した。

サンプリング・データベースWhoSampledが報告している、このウェブサイトはRedditユーザーのkyobumpbumpが制作したもの。

2017-08-04 8.00.32

https://kyoto-shift.github.io/

特定のキーワードから、Youtube上にある楽曲などからサンプリングできそうなものを発見してくれるというものだが、なんとキーワードは自分で入れることはできず、ランダムに生成される。

2017-08-04 8.01.53

試しにやってみたところ、このキーワードが出現し、最初に出てきた動画がこちらだ。

このAl Jarreauの1976年のライブ動画では、確かにアカペラで歌っている箇所があり、サンプリングソースとして抜くこともできそうだ。

このようにこのサイトは、知識がなくてもサンプリングに最適な素材をランダムで教えてくれるという点で、新しい世代のビートメイカーにとっては、とても助かるものになるかもしれない。これまでの文脈から切り離され、Youtube上に存在する膨大なデータベースから、偶然知った曲からサンプリングというのは、すでによくある話だろう。

一ヶ月後には、このサイトからできた曲を聴いているかもしれない。

related

ストリーミングサービスにおける再生回数売買の実態が報道される|130万円の費用でYouTubeの再生回数100万回の水増しが可能?

ストリーミングサービスが多くのアーティストにとっての主戦場となった今、再生回数は人気や評価、また収入を左右する大きな指標となっている。その中でbotを使用した再生回数の偽装が問題視されることもあるが、今回、とあるマーケティング会社が語った再生回数水増しの実態が報道されている。

SUMMER SONIC 2019もYouTubeでのライヴ配信が決定

来月開催されるSUMMER SONIC 2019東京会場のアーティストパフォーマンスがYouTubeで一部配信されることが決定した。

YouTubeにアップロードされているミュージックビデオ1000本以上がHDリマスターされることが発表

YouTubeには公式のMVをアップロードするサイトVEVOから様々なアーティストのMVがアップロードされている。その中には古いものも存在し低画質で視聴せざるを得ない状況だったが、今回、YouTubeのMV1000本以上のHDリマスターバージョンが配信されることが発表となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。