タイで医療用大麻の使用を認める法案が可決され東南アジア初の容認国に

以前、タイの国会において医療用大麻の使用を認める法案が提出されたことを報じたが、昨日、無事法案が可決された。これによりタイは東南アジア初の容認国となる。

ロイター通信によると、タイの国会は1970年代の麻薬法を修正し、医療用マリファナの使用を認める法案を作成したとのこと。

タイの国会テレビ中継にて委員長のSomchai Sawangkarnは
「これは国家立法議会(NLA)からタイ国民への新年のプレゼントだ」と述べている。

ついに、タイはアジア初の医療用大麻容認国となったわけだが、これに関してタイの医療を懸念する声があるのも確かだ。

ランシット統合医学研究所の所長Panthep Puapongpanはタイで医療用大麻が合法化されたことにより、特許企業や外部の投資家が国内のマリファナ市場に参入してくることで混乱を引き起こし、国内の患者や研究者が医療用大麻を手にすることが出来なくなる危険性があると警鐘を鳴らしている。
「我々は法律が施行される前に政府が(特許企業や投資家の)申請をすべて取り消すことを要求するつもり」であることをPanthepはロイターに語っており、合法化のリスクはまだ多いとみられる。

基本的に東南アジアは麻薬に関する法案が非常に厳しく、シンガポールなどは密売を行うと死刑を言い渡される可能性があるほどだ。その中で今回の合法化に踏み切ったタイは、良い結果をもたらすにしろ、悪い結果をもたらすにしろなかなかの決断だといえるだろう。

これを皮切りにアジア各国でも大麻合法化の波は広がっていくのだろうか。

RELATED

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

マリファナ販売サイトが閉鎖中のアメリカ政府機関の職員に無料で医療用マリファナを提供

アメリカでは昨年末より現在に至るまで、トランプ大統領による政府の一部閉鎖が続けられている。その影響で政府の職員は一ヶ月近くの間無給での労働を強いられており、Cardi Bが抗議を行うなど様々な方面から批判の声が寄せられている。そんな中、日本では予想も出来ない方法で連邦政府職員をサポートしようとする者が現れた。

マクドナルドの会計をマリファナで支払おうとした男が逮捕

アメリカはフロリダのマクドナルドにて珍事件が起こった。マクドナルドの会計をお金ではなくウィードで支払おうとした男が逮捕されたというのだ。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。