タイが医療用マリファナの合法化へ向けて前進│実現すればアジア初の容認国へ

今月半ばにカナダで娯楽用のマリファナが解禁されるなど、合法化の波が世界中に広がりつつある。アジアでは未だマリファナが合法の国は無いというのが現状だが、そんな中タイがアジアで初めて医療用のものに限り合法化に乗り出していることが報じられている。

AFPによると、タイ軍事政権の国家立法議会(NLA)では既に医療用大麻の使用を認める法案が提出されたという。タイ産の大麻は高い品質が愛好家たちから賞賛されており、大麻市場に参入することで数十億ドルの利益が見込まれているそうだ。タイ公衆衛生委員会の委員長であるJet Sirathraanonは「法案を議長に提出した」とアナウンスしており、「認められるのはあくまで医療用であって娯楽用ではない」と強調。また、「今回の法案はタイの人々にとって良いチャンスとなるだろう。タイには世界一の品質のマリファナがある」と、タイ産大麻の品質をアピールしている。法案は一ヶ月以内に立法手続きが進められるとのこと。

タイでは大麻が違法であるにも関わらずドラッグ輸送の重要な拠点となっており、中毒者の増加が長年に渡って問題視されていた。医療用大麻の合法化が実現すればタイはアジア初の大麻容認国となり、アメリカ、カナダ、オーストラリアなどの欧米諸国に続いたこととなる。

とうとうアジアでも大麻の解禁が実現しつつあるが、果たしてここ日本にも大麻が合法化する未来はやってくるのだろうか?

related

G Herboがフルタイムのブラント巻き係を募集|日給100ドル、吸い放題の福利厚生つき

ジョイントやブラント、手巻きタバコといったものを巻くのは、手先の器用さを必要とする細かい作業だ。どうやらG Herboもその作業に煩わしさを感じているようで、自分のためにフルタイムでブラントを巻いてくれる係を募集している。

Jay-Zが自身のマリファナブランド『Monogram』をスタート

ラッパーがマリファナビジネスに参入し、自身のブランドをスタートさせることは珍しくない。過去にはWiz KhalifaやPost Maloneといったマリファナを愛するラッパーたちがブランドを立ち上げていたが、今回、ついにヒップホップシーンきっての大物Jay-Zが参入を発表した。

マリファナが新型コロナウイルスの感染防止に効果的であるとする研究がカナダで発表される

新型コロナウイルスことCOVID-19の治療薬やワクチンの研究が日夜進められている昨今。そんな中、新型コロナウイルスの感染抑制に大麻が効果的であるとする研究がカナダから発表された。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。