フリーエージェントになっていたLil PumpがGucci Maneのレーベル1017 Recordsと契約へ?

先日契約していたメジャーレーベルのWarnerとの契約を破棄し、フリーエージェントになっていたLil Pumpが、ついに新しい所属先を見つけたという噂が立っている。

フリーエージェントになっていたPumpには、DJ Khaledなどからもオファーが届いていたが、Pumpは15億円以下の契約金ではサインしないと強気の姿勢を保っていた。

そんな中契約金は言い値でいいとPumpに対してオファーしていたGucci Maneのレーベル1017 Eskimo Recordsのチェーンを首につけたPumpの動画が登場。

@lilpump sparks rumors with #1017 chain.

VladTVさん(@vladtv)がシェアした投稿 -

さらにPumpのマネジメント会社Tha Lights Globalの社長であるDooney Battleが、Pumpとみられる人物とチャットをしながら、「今日は契約する日だ、Lil Pumpが契約する日だ、こっちに誰と契約するのか見せてくれ」と話すビデオも投稿。Pumpらしき人物はその依頼に対し1017 Recordsのチェーンを見せている。

果たして注目のラッパーはGucci Maneのレーベルに所属するのだろうか。先日同じく同世代の6ix9ineはBirdmanのRcih Gangに16億円で加入したと主張したが、Birdman側にあっさり否定されている。

RELATED

Lil Pumpがホームレスにピザを手渡しでプレゼント

先日はGucciのブラックフェイスセーター問題に抗議し、「Gucciはサポートしないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言したLil Pump。そんな彼が、バレンタインにチャリティーを行なったことが話題となっている。

Lil Pumpがブラックフェイス問題を受けてGucciを着ないと決意するも“Gucci Gang”は歌い続けると発表

先日、Gucciから発売されたマスク付きの黒のセーターが黒人差別に用いられて着た表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして問題になった。これを受けてSpike Lee、Soulja Boy、T.I.、50 CentなどのアーティストがGucciの不買運動を呼びかけているが、どうやらLil Pumpもそこに加わるようだ。

Lil Pumpが自身を「史上最もリリカルなラッパーだ」と主張する

Lil Pumpは現在の煽りラッパーの代名詞的存在であり、これまでも何の根拠もなしに例えば「ドラッグをやめる」などを放言を行ってきたが、またしても彼らしい煽りを繰り出してきた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。