Gucci ManeがDiddyからヴィーガンバーガーを薦められるも食べるのを拒否

刑務所からの出所後に肉体改善に励んでいるGucci Mane。最近はスリムなボディもすっかり板についてきた彼だが、無理なダイエットもあるようだ。

Gucci Maneが「Migosは昔のMVでフェイクのチェーンをつけていた」と主張するもTakeoffに否定される

現在は不動の地位を確立しているGucci ManeとMigos。今回、Gucci ManeがMigosに対し思わぬ指摘を行なったことが話題となっている。

Gucci Maneが自身のスニーカーコレクションをオンライン上で販売

先日、Instagram上で100ポンド(約45キロ)痩せた事を明かしたGucci Maneが、今度は自信の膨大なスニーカーコレクションを売りに出す事を発表した。

Gucci Maneが次のMVの監督に俳優のジョナ・ヒルを起用

3/2(土)に映画『22 Jump Street』などで知られる俳優Jonah HillがInstagramでGucci Maneとのトークのスクリーンショットを公開し、自身がGucci Maneの次のMVを監督する事を明かした。

CoachellaのオーガナイザーがラインナップにあるGucci GangはGucci Maneの間違いではないと主張

先日、発表された今年のCoachellaのラインナップ。ヘッドライナーのChildish Gambino、Tame Impala、Ariana Grandeをはじめ、そうそうたる名前が連なっており、今から非常に開催が楽しみだが、リストにある名前の1つがちょっとした話題になっているようだ。

Gucci Maneが「刑務所に入っていなければドラッグで死んでいた」と語る

トラップの元祖の一人としても知られ、現在も第一線での活躍を続けるGucci Mane。そんな彼は今までに複数回逮捕され刑務所に入っていたことでも知られているが、「もし刑務所にはいっていなかったらドラッグで死んでいた」と語っていることが話題となっている。

Gucci Maneのライブでステージに上がったファンをセキュリティが突き落とす

ラップのライブを観てバイブスが上がりすぎたファンが痛い目を見る事例は多々あるが、今回またしても熱狂的なファンがステージに上がろうとしてしまったようだ。

DIESELがネット上の誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE」を展開 | 全国のショップでストアイベントも開催

DIESELは今やなくてはならない存在となったソーシャルメディア上で、社会問題にもなっている誹謗中傷をテーマにした「HAUTE COUTURE(ヘイト クチュール)-ヘイトなんて、着ちらそう。」とメッセージを投げかける。

T.I.がキュレーションするトラップ博物館がアトランタにオープン

今年T.I.とGucci Maneが、どちらがトラップの発明者かという話題で争いになったのを覚えているだろうか。

Gucci Maneが「俺は成長し続けている」と述べ、他人の失敗や不幸を願う人々について語る

今年はT.I.とのトラップの起源を巡る論争が話題となったが、2016年に刑務所から釈放されて以来精力的に活動を続け、またSNSでもポジティブなバイブスを発信し続けているGucci Mane。そんな彼が、他人が失敗することを望んでいる人々についての持論を述べている。

Gucci Maneがアルバムの制作方法の変化を語る

現在最新アルバム『Evil Genius』を製作中だというGucci Maneが、Lil Pumpとのコラボレーション曲”Kept Back”を公開した。

Gucci Maneが突如、自分は史上最高のラッパーだったと気付く

ここ最近はもっぱらT.I.とのビーフばかりが話題に上るGucci Maneだが、その彼が突然自分が“G.O.A.T.(Greatest of All Time)”であると気づいたことを明かした。

Gucci Maneの伝記映画について、T.I.が「自分が先にオファーを受けた」と主張

「トラップの起源は誰か?」という問題で争いを繰り広げたT.I.とGucci Maneだが、今度はGucci Maneの、現在制作中の伝記映画を巡って問題が発生している。 T.I.はGucci Maneの伝記映画の監督であるBrian Gazerから「自分の方が先にオファーを受けた」のだという。

【特集】トラップミュージックの歴史における重要人物とは誰か?

T.I.とGucci Maneの間で勃発した「トラップミュージックを発明したのは誰か」という論争。お互いがトラップミュージックの発明者だと譲らない両者の主張は平行線をたどっている。

T.I.とGucci Maneによるトラップの発明者をめぐる争いが過熱

南部を中心に発展し、サブジャンルとしての地位を確立したトラップ。麻薬密売が横行したアトランタが発祥といわれ、当初はドラッグディーラーの麻薬密売場所という意味で使われていた。ラッパーはドラッグを使用しながら、音楽を製作。トラップハウスと呼ばれるスタジオとも麻薬の密売場ともとれる部屋で、ラッパーはクラブでプレイする音楽を作っていた。今、その複合的に発展してきたトップチャートにランクインする音楽にはトラップの手法が使われていることも珍しく無くなった。 そのトラップの勃興期からその発展を支えてきたラッパーGucci Maneが、4/6、自身のインスタグラムに2005年頃の自身と思われる写真と一緒に「俺がトラップミュージックを発明した日」と投稿したことでトラップ起源論争は幕を開ける。
もっと見る