Gucci Maneが「Migosは昔のMVでフェイクのチェーンをつけていた」と主張するもTakeoffに否定される

現在は不動の地位を確立しているGucci ManeとMigos。今回、Gucci ManeがMigosに対し思わぬ指摘を行なったことが話題となっている。

Gucci Maneは先日自身のInstagramに#FBF(思い出すシリーズ)として2013年の自身と Migosとのコラボ曲“Holmes”のMVを投稿。

そしてキャプションに「QuavoとTakeoffはこのときつけてたフェイクのチェーンを捨てたんだ。俺が自分の付けてたやつをあげたからな。同じ日にOffsetがジェイルから弁護士を呼ぶよう電話をかけてきた」という思い出を綴っている。

流石のMigosも初期にはフェイクのチェーンをつけていたという感慨深いエピソードだが、Takeoffがすぐさまフェイクのチェーンについて反論を行なっている。TakeoffはGucci Maneの投稿に「それは嘘だ。分かってるだろ。でもあの曲を残したことには本当に感謝してる」とコメント。しかしGucci Maneも負けじと「嘘をつくなよ。覚えてるだろ」と返した。

今やリッチとなったMigosにもフェイクのチェーンを着用していた時代があったというエピソードは勇気付けられるものだが、Takeoffは偽物で威勢を張っていたことをどうしても認めたくないのかもしれない。あるいは本当にGucci maneが恩を売ろうとしている可能性もあるが、彼らのじゃれあいが揉め事に発展しなければ何よりである。

related

Gucci ManeやLil Pumpらがマイアミでマスク無しのパーティに参加していたことが報じられる

新型コロナウイルスのパンデミック以来、マスクは我々の生活にとって欠かせないものとなっている。マスクを着用しないまま人の密集する場所やパーティに足を運ぶことは自分自身や周囲を危険に晒してしまうこととなるが、今回、多くのセレブがマスクを着用せず集まるパーティが開催されてしまったことが報じられている。

Gucci Maneが「Gucciの内部に自分のブランドを持った」と語る|7月にリリースの新作のプロモーションか

昨年にはついにGucciとのコラボレーションを公式に実現し、LOOKへの登場を果たしたGucci Mane。そんな彼が、モデルを務めるに留まらずGucciの内部に自身のブランドをオープンさせることを計画しているようだ。

Quavoが約10年越しに高校卒業資格を得たことを発表

言わずと知れたMigosのメンバーとしてスターとなったQuavo。そんな彼が、人生の大きな節目を迎えたようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。