ILoveMakonnenが「Gucci Maneとコラボしたとき、彼は全くサポートしてくれなかった」と明かす

ヒップホップシーンにおいては、別のアーティストとのコラボを行うことによって彼らからのサポートやフックアップを受け、自身のセールスやキャリアを向上させるという手法が一般的だ。しかし、憧れのアーティストとのコラボを行なったものの全くサポートを受けることが出来ないケースもあるようだ。

XXLによると、ILoveMakonnenがGucci Maneとのコラボ曲“Spendin”をリリースした際にGucci Mane側が同曲を全くサポートすることがなかったのだという。ILoveMakonnenはBeats 1のPodcast番組『Proud』でのインタビューにおいて、「Gucci Maneに対するディスじゃないけど、彼はコラボ曲を全くサポートせず、個人的に会うこともなかった。ただのビジネスの取引だったんだ。それが音楽業界だ」と語っている。

さらに彼は、自身がゲイでありことをカミングアウトしたことについて周囲のアーティストが一切のサポートをしなかったことも問題視している。「彼らはサポートを全く表明していない。それが“クールだ”とも、“良いことだ”とも。俺たちはお前をまだ支持している、って言ってもらえるだけで良かったんだ。そんなことは誰一人として言ってくれなかった。それが現実だ」と、彼はヒップホップシーンの中にホモフォビアが未だ根強く残っていることを指摘している。

以前ILoveMakonnenがカミングアウトを行なった際Quavoが彼を非難したことで批判されたが、彼にとってそのような経験がヒップホップシーンに対する失望をより深めるものとなっているのだろう。

ILoveMakonnenがGucci Maneからのサポートを受けられなかった理由が彼のセクシュアリティにあるのかどうかは不明だが、そのことによって彼が傷ついてしまったことは間違いないようだ。このことに対するGucci Maneからのリアクションは今後あるのだろうか?

RELATED

ついにGucci ManeとGucciのコラボが実現 | LOOKはハーモニー・コリンが撮影

10月1日、Gucci Maneが自身のInstagram上でファッションブランドGucciとのコラボレーションが決定した事を発表した。Gucci Maneは『Gucci Cruise 20』というコレクションに参加し、映画監督のハーモニー・コリンが制作した、いくつかのルックを自身のInstagra...

Gucci ManeがDiddyからヴィーガンバーガーを薦められるも食べるのを拒否

刑務所からの出所後に肉体改善に励んでいるGucci Mane。最近はスリムなボディもすっかり板についてきた彼だが、無理なダイエットもあるようだ。

Gucci Maneが「Migosは昔のMVでフェイクのチェーンをつけていた」と主張するもTakeoffに否定される

現在は不動の地位を確立しているGucci ManeとMigos。今回、Gucci ManeがMigosに対し思わぬ指摘を行なったことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。