Gucci Maneが次のMVの監督に俳優のジョナ・ヒルを起用

3/2(土)に映画『22 Jump Street』などで知られる俳優Jonah HillがInstagramでGucci Maneとのトークのスクリーンショットを公開し、自身がGucci Maneの次のMVを監督する事を明かした。

ジョナ・ヒルはGucci Maneの「調子はどうだい?俺だよ。」というメッセージに対して、興奮気味に「おー!このメッセージをずっと待ってたよ!」「(次のMVは)クラシックなものにするだろ?」と返答。それに対しGucci Maneは「そうだね。クラシックなものにしよう。今曲を送るよ。」と答えている。

また、投稿内でVampire WeekendとSteve Lacyの新たなMVを数週間後に発表する事を明かし、自身が様々なアーティストのMVに携われている事に感謝を示している。

彼は2017年にDanny Brownの"Ain’t It Funny"のMVを監督しており、ラップミュージックのMVを監督するのは、今回が初めてではない。

Gucci Maneのどの曲のMVを監督するのかはまだ決まっていないようだ。Gucci Maneは昨年12月にアルバム『Evil Genius』をリリースしており、これにはBruno Mars、Kodak Black、Quavo,、YoungBoy Never Broke Again、21 Savageなどが参加しているヒット曲"Wake Up In The Sky"も含まれている。

RELATED

ILoveMakonnenが「Gucci Maneとコラボしたとき、彼は全くサポートしてくれなかった」と明かす

ヒップホップシーンにおいては、別のアーティストとのコラボを行うことによって彼らからのサポートやフックアップを受け、自身のセールスやキャリアを向上させるという手法が一般的だ。しかし、憧れのアーティストとのコラボを行なったものの全くサポートを受けることが出来ないケースもあるようだ。

Gucci ManeがDiddyからヴィーガンバーガーを薦められるも食べるのを拒否

刑務所からの出所後に肉体改善に励んでいるGucci Mane。最近はスリムなボディもすっかり板についてきた彼だが、無理なダイエットもあるようだ。

Gucci Maneが「Migosは昔のMVでフェイクのチェーンをつけていた」と主張するもTakeoffに否定される

現在は不動の地位を確立しているGucci ManeとMigos。今回、Gucci ManeがMigosに対し思わぬ指摘を行なったことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。