Kodak BlackがLil Wayneを「赤ん坊の内に死んでおくべきだった」とディス

Kodak Blackが、“Codeine Dreaming”でコラボを行なったこともあるLil Wayneを突如としてディスしたことが話題となっている。

先週末にマイアミのLiv Nightclubに登場したKodak Blackは、ステージ上で「おい、Lil Wayneはいるか?奴はウジ虫野郎だよ。お前は赤ん坊の内に死んでおくべきだった」と、Lil Wayneに対して罵詈雑言を投げかけた。この様子は複数の観客によって撮影されており、動画がSNS上で拡散されている。

突然のビーフにファンの間では困惑が広がっている。Lil Wayneの娘であるReginae CarterはInstagramに自身の幼少時と彼女を抱き上げているLil Wayneの写真をアップロードし、「小物の新人ラッパーは史上最高のラッパーをリスペクトするべき。私の父は誰も困らせたりしてないし、誰に何を言われても気にしないから」と反論。

さらに、Reginae Carterの母であるToya Wrightは後日Kodak Blackが行なっていたInstagramライブの途中に「Boy, Fxxk You」とコメントするなど、家族ぐるみで反撃を行なっている。そのコメントを受けたKodakは「もし俺にガールフレンドがいなかったらお前の尻をファックしてたぜ」と下品に言い返しており、全体的に彼の印象が悪くなっている感は否めない。

#PressPlay: #KodakBlack clears some things up about that #LilWayne situation 👀👀 #Reginae (See previous tea)

The Shade Roomさん(@theshaderoom)がシェアした投稿 -

そもそもKodak BlackがLil Wayneを攻撃しているのは、問題の発言を行なった当日に彼に会いに来る予定だったはずが結局現れなかったことが原因だという。あまりに些細な理由だが、それ程までにKodakは傷ついたのだろうか。

以前はコラボを行なっていた二人のビーフ。今の所Lil Wayne本人からのリアクションは無いようだが、今後の展開が気になるところだ。

RELATED

Kodak Blackがライヴをキャンセルし怒ったファンがツアーバスを取り囲む

以前よりもさらに問題発言が多くなり、毎週のように悪い意味で注目されてしまっているKodak Black。T.Iなど多くのアーティストを敵に回してしまっているが、ついにファンも敵に回してしまったようだ。

Kodak BlackがT.I.に向けたディス曲“Expeditiously”を発表

故Nipsey Hussleの恋人であったLauren Londonに対し不謹慎な発言を行なったことで批判されているKodak Black。中でもT.I.が強く彼を批判していたが、それらの批判に対しKodak BlackがT.I.に向けたディス曲“Expedisiously”をリリースした。

T.I.がKodak Blackの不謹慎な発言について「あれがあいつの脳のキャパシティで思いつく精一杯だったんだろう」と語る

銃撃によって命を落としたNipsey Hussleの恋人Lauren Londonに対し、Kodak Blackが不謹慎な発言を行なったことが問題となっている。それに対しいち早く批判の声を上げたT.I.は言葉での批判のみならず自身の運営するトラップ博物館からKodak Blackの展示を撤去するなどの意思表示を行なったが、そんな彼が新たなコメントを発表している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。