Offsetが減刑され保護観察処分に置かれる可能性も浮上した6ix9ineに対して「安全が保証されることはない」と警告

先日、9つの罪に問われ拘留されていながらも司法取引の結果減刑され保護観察処分に置かれる可能性も浮上した6ix9ine。自身の所属していたギャング「Nine Trey Bloods」のメンバーを警察に密告しての減刑だが、そのことについてOffsetが警告を行なっている。

ソロアルバム『FATHER OF 4』のプロモーションで人気番組『Big Boy TV』に出演したOffsetは、6ix9ineについて「俺の先輩たちはいつも、“よく知っている水の中を泳げ”と言っていた。結局、あいつは大人の男だ。そこにはルールと規則がある。お前はストリートを選び、ストリートを去ろうとしている。安全は保証されない。なぜなら、お前が選んだのはストリートだからだ。お前は自分のしたことをよく考えるべきだ」と、一度ストリートに身を置いていたからには安全を得ることは難しいと主張。6ix9ineは自身も関与したChief Keef銃撃事件の実行犯Kooda Bを密告するなどかつての仲間を売るような行動で減刑を勝ち取ったが、自由の身になった後にそのことによって危害を狙われる可能性は十分にあるだろう。

加えて、「俺は何度も逮捕された。13回かそこらだったかな。自分がしたことには自分で責任を持て。胸に秘めておくんだ。俺は、自分の身に起こったことでずっと自分を責め続けている。他の誰かを責めることはできないんだ」とOffsetは語る。6ix9ineと異なり責任を全て自分で負おうとする姿勢は、現在家庭を持ち複数の子を育てる彼ならではの考え方と言える。

密告についてはSnoop Doggからも「クソ野郎」と非難されていた6ix9ineだが、果たして起こりうるかつての仲間による報復から逃れることはできるのだろうか?

related

6ix9ineとAkonがInstagram上でバトルを開催|自身を批判してきたSnoop Doggへの煽りも行う

4月頭に釈放され、今月に入ってから新曲をリリースしSNSでの煽りも再開するなど活動を活発化させている6ix9ine。そんな彼が、ベテランR&BシンガーのAkonと突如Instagramライブでバトルを開催すると発表した。

6ix9ineが子供たちの支援団体に20万ドルの寄付を申し出るも拒否される

4月頭に釈放され、先週末には新曲のリリースを大々的に告知したことで話題を呼んだ6ix9ine。そんな彼の意外な一面としてチャリティに熱心であることが知られているが、今回、彼の新たなチャリティ活動が一騒動を巻き起こしている。

6ix9ineが新曲の広告をNYのタイムズスクエアに打ち出す

9つの罪に問われて収監され、その後ギャング仲間の余罪を密告するなどの司法取引を経て減刑を勝ち取り、また新型コロナウイルスの影響で予定より早く釈放されることに成功した6ix9ine。釈放後しばらくは大人しくしていた彼だったが、遂にというべきか本格的な活動を再開するようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。