6ix9ineが減刑され保護観察処分に置かれる可能性が浮上

強盗、麻薬取引、殺人未遂などの罪に問われ、最低で47年の懲役刑を下されることが見込まれている6ix9ine。そんな彼が、先日行われた審理の結果減刑され保護観察処分に置かれる可能性が浮上している。

TMZが伝えるところによると、6ix9ineが連邦当局に協力的な姿勢を見せていることで裁判の風向きが変わって来ているという。判決は来年の1月23日に下されることが決定しており、本来ならば47年以上の服役が妥当だとされてきた。しかし、審理の場で余罪や自身のクルーのメンバーが犯した罪を詳細に報告したことが減刑に繋がるかもしれないとのこと。彼は昨年の6月に発生したニューヨークでのChief Keef銃撃事件が自身の仲間であるKintea McKenzieによって行われたものであり、また自らも事件に関与したことを証言している。これらの司法取引が功を奏したということだろうか。

加えて、検察が発行した訴状には「被告の協力が個々の犯罪を明らかにする可能性が高いため、証人として保護される可能性がある」という文言が含まれている。6ix9ineが所属するギャング組織「Nine Trey Bloods」のメンバーは多くが連邦当局によってその身を追われており、彼の協力次第で組織のメンバー一人一人を起訴することが出来るかもしれない。そのため、懲役ではなく証人としての保護が必要になるということのようだ。検察は「被告が協力をするなら、現状必要とされている最低限よりも下の求刑を政府に提出することになるだろう」とも述べている。このまま彼が協力的な姿勢を取れば、予想されていた47年の懲役を逃れることができるということだ。

今後の音楽的なキャリアは絶望的であるかのように思われた6ix9ineだが、今後の行動次第ではまた音楽活動を再開できる可能性もあるようだ。ファンにとってはまさに吉報と言えるが、密告を行なったことによってギャングのメンバーからの報復を受ける可能性も残されている。果たしてどのような未来が待ち受けているのだろうか?

RELATED

6ix9ineたちによるChief Keef銃撃事件の実行犯が容疑を認める

複数の罪で逮捕され、減刑のために自身が所属するギャングのメンバーの罪を警察に密告したことが批判されている6ix9ine。そんな彼と昨年ビーフをしていたChief Keefがニューヨークのホテルで銃撃を受けた事件で実行犯として逮捕されていた6ix9ineの仲間であるラッパーKooda Bが、自身の容疑を認めたことが明らかになった。

PnB Rockが今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないと宣言

先日、ニューアルバム『TrapStar Turnt PopStar』をリリースしたPnB Rock。以前には、自身が現在のヒップホップシーンでソングライターとして5本の指に入ると発言し話題を呼んだ彼だが、そんな彼が今回、自身のTwitterにて今後一切6ix9ineの楽曲を聴かないことを宣言した。

6ix9ineの共同被告人11人の内7人が罪を認め減刑への期待が高まる

昨年11月に9つの罪で逮捕され、自身の所属するギャング「Nine Trey Blood Gang」の仲間を売った事で減刑される方向へと進んでいる6ix9ine。そんな彼と共に逮捕され、共同被告人となっている11人の内、7人が現時点で罪を認めている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。