NBAオールスターゲームのダンクコンテストでDennis Smith Jr.のアシスト役として登場したJ. Coleが自らもダンクを狙うも失敗

NBAオールスターウィークエンドがノースカロライナ州のシャーロットで開催され、ダンクコンテストでニューヨーク・ニックスのDennis Smith Jr.のアシストとしてJ. Coleが登場し観客を沸かせた。

SmithもColeのハイスクール時代のユニフォームを着用して登場し、Coleのタップを受け取り、見事なダンクシュートを決めてみせた。

Smithが自分のハイスクール時代のユニフォームを着ている事に喜ぶCole。

SmithとColeの見事なコラボに判定員はオール10点。自らもダンクシュートを狙いに行くが、惜しくも外れてしまう。しかしかなりの身体能力だ。

Coleは2012年にもオールスターセレブリティーゲームに出演し、Kevin Hartからアリウープを受けとり、シュートを決めている。

RELATED

Drakeがトロントラプターズの選手契約のミーティングに参加する可能性

先月のNBAファイナル2019で初の優勝を成し遂げたトロントラプターズ。その勝利に「Drakeの呪い」で大きく貢献したとの噂もあり、また同チームのグローバルアンバサダーも務めるDrakeが、なんと選手の契約を決める重要なミーティングに参加する可能性があるようだ。 Complexが報じるところに...

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAがラプターズに対してDrakeの試合中のコートサイドでの問題行動を警告か

チーム創設以来初となるNBAファイナル進出を決めたトロント・ラプターズ。ラプターズの大ファンとして知られるのが地元のトップアーティストDrakeだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。