NBAオールスターゲームのダンクコンテストでDennis Smith Jr.のアシスト役として登場したJ. Coleが自らもダンクを狙うも失敗

NBAオールスターウィークエンドがノースカロライナ州のシャーロットで開催され、ダンクコンテストでニューヨーク・ニックスのDennis Smith Jr.のアシストとしてJ. Coleが登場し観客を沸かせた。

SmithもColeのハイスクール時代のユニフォームを着用して登場し、Coleのタップを受け取り、見事なダンクシュートを決めてみせた。

Smithが自分のハイスクール時代のユニフォームを着ている事に喜ぶCole。

SmithとColeの見事なコラボに判定員はオール10点。自らもダンクシュートを狙いに行くが、惜しくも外れてしまう。しかしかなりの身体能力だ。

Coleは2012年にもオールスターセレブリティーゲームに出演し、Kevin Hartからアリウープを受けとり、シュートを決めている。

related

Kendrcik LamarとJ. Coleのコラボプロジェクトの噂をTDEのトップが否定

長い間リリースの噂が囁かれ続けているKendrick LamarとJ.Coleのジョイントプロジェクト。たびたび実現を仄めかすような情報が内部から出てくることでファンの間でも期待が広がっていたが、そんな二人のコラボアルバムについてKendrick Lamarの所属レーベルTDEのボスが明確に否定を行っている。

コービー・ブライアントへの追悼として彼のバスケットボール人生を描いた短編アニメーション『Dear Basketball』が無料公開

昨日、ヘリコプター事故によって41歳で命を落としたNBAの伝説的プレイヤー、コービー・ブライアント。その早すぎる死への追悼として、彼のバスケットボール人生を描いた短編アニメーション『Dear Basketball』が無料公開されている。

DJ PremierがLil Uzi Vertが“Mass Appeal”のビートでのフリースタイルを拒否したことについて語る

DJ Premierと故Guruによる伝説的ヒップホップデュオGang Starr。先日、突如として約16年ぶりとなるニューアルバム『One of the Best Yet』をリリースし、各所で話題を呼んでいる中、DJ PremierがGeniusの『For The Record』に登場。リードシングル“Family and Loyalty”の制作などについて語っている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。