Ariana Grandeの最新アルバム『Thank U, Next』のストリーミングでの初週売り上げがポップアルバムとして最高記録に

Billboardによると、Ariana Grandeの最新アルバム『Thank U, Next』が2月14日時点でBillboard200アルバムチャート1位を獲得した。

今作は発売から一週間で36万枚を売り上げたが、その内訳は11.6万枚がフィジカル、残りの22.8万枚がストリーミングでの売り上げであった。この結果、今回のストリーミングでの初週売り上げは、女性アーティストのアルバム、ポップアルバムとして最多となった。

また、2018年9月1日に発売された前作『Sweetener』もチャート1位を獲得しており、彼女は最も短期間(5ヶ月22日)で2度、Billboard200のチャートで1位を獲得した女性アーティストとなる。ちなみに最も短期間だったのはOlivia Newton-Johnの5ヶ月3日だ。

前作『Sweetener』の初週売り上げは23.1万枚。2013年の『Yours Truly』、2014年の『My Everything』もそれぞれチャート1位、2016年の『Dangerous Woman』は2位を獲得している。

related

Ariana Grandeが故Mac Millerについて「彼にとって音楽以上に大切なものは無かった」と語る

2018年に薬物の過剰摂取によって命を落としたMac Miller。生前の彼について、かつての交際相手であり先日はJustin Bieberとのコラボ曲”Stuck with U“をリリースしたAriana Grandeが語っている。

Ariana Grandeが「ライブでオートチューンを使うな」と批判したファンに反論

ボーカルにオートチューンをかけた楽曲がポピュラーな昨今、ライブパフォーマンスの際にオートチューンをかけるアーティストも多い。しかし、中にはオートチューンを用いたライブに嫌悪感を覚えるリスナーもいるようだ。

グラミー賞でのパフォーマンスをKendrick LamarやDrake、Childish Gambinoなどが相次いで断る

いよいよ現地時間の2月10日に迫るグラミー賞の授賞式だが、ヒップホップアーティストが相次いで授与式でのパフォーマンスのオファーを断っていると伝えられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。