Snoop Doggが減刑のために密告を行なった6ix9ineを「クソ野郎」と非難

先日、自身にかけられた容疑を認め司法取引の手続きを行なっていると報道された6ix9ine。そんな彼について、ギャングスタの先輩とも言えるSnoop Doggが一言物申している。

昨日自身のInstagramを更新したSnoop Doggは、投稿した動画において6ix9ineを「クソ野郎だ」と一喝。6ix9ineがニューヨークでのChief Keef銃撃事件の実行犯を減刑のために密告したことについてSnoop Doggは腹を立てているらしい。「俺の時代にはそんなこと許されなかったよ。密告なんて出来なかった。オバさんみたいなこと言うようだけどな、お前だってオバさんみたいなことやってるだろ。チクリ魔め、政府のために働くなんて」と語る彼は、仲間を政府に売ることはギャングスタとしてあるまじき行為であると6ix9ineに教えている。

🐀👎🏾🤷🏾‍♂️ new era

snoopdoggさん(@snoopdogg)がシェアした投稿 -

確かに仲間を売ることは褒められた行為ではないだろうが、最悪の場合無期懲役を言い渡される可能性のあった6ix9ineはプライドを捨ててでも刑期を短くしたかったのだろう。しかし、OGであるSnoop Doggにとって看過出来ない出来事であったことも理解できる。

6ix9ineは最短で47年の懲役を課されると見込まれているが、司法取引により減刑されることになったとしても果たして6ix9ineのキャリアはこれからどうなってしまうのだろうか?

RELATED

6ix9ineの元ギャング仲間が自身のIQの低さを理由に刑を軽くすることを要求

現在、強盗や殺人、放火など計9つの罪で拘留されているものの、ついに2020年初頭に釈放される見込みであることが明らかになった6ix9ine。そんな彼とともに逮捕されたうちの1人が自身の知能の低さを理由に減刑を求めていることが明らかになった。

Snoop Doggがマリファナの規制に関する議論においてマイノリティーを考慮した条項が必要だと語る

ここ数年いくつかの国でマリファナの合法化が進む中で、様々な立場から合法化に対しての是非が議論されている。FNMNLでも幾度に渡ってマリファナを楽しむ姿を紹介してきたSnoop Doggが今回、マリファナに関するパネルディスカッションに出席し、その中でマリファナ産業においてマイノリティーを考慮した条項...

Snoop Doggが「TDEはDeath Row Recordsをより良くしたバージョン」だと語る

1990年代の西海岸を代表するレーベルであるDeath Row Records。2pacらと共にDeath Row出身アーティストの代表であるSnoop Doggが、現在の西海岸で独自の地位を築きKendrick LamarやScHoolboy Qらが所属するレーベルTop Dawg Entertainment(TDE)をDeath Rowと比較したことが話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。