Kanye WestがEMIとの契約で音楽活動からのの引退を禁止されていたことが明らかに

かつての所属レーベルであるEMI相手に訴訟を起こしていることが報じられているKanye West。既に契約を満了しているにも関わらずEMIから作品を発表しなければならない状況に置かれている彼が、かつての同レーベルとの契約によって音楽活動の引退を禁止されていることが明らかになった。

The Hollywood Reporterが入手した文書によると、EMIの契約書にはKanyeに対して「あなたはこの契約書を通じて、作曲、メジャーレーベルアルバムの制作、レコーディングに職業として積極的に関わり続けることを表明したものとします。任期中はソングライター、レコーディングアーティスト、プロデューサーとしての活動を引退、もしくはキャリアを積極的に追求していない期間を延長することはできません」と、音楽活動の引退、休止を禁止する文言が含まれている。

この契約が「労働」ではなく「奉仕」にあたるのではないか、という点が今回の裁判の論点とされており、Kanye側はこの契約がカリフォルニア州の労働法第2855条に違反しているとしている。この法律は個人奉仕契約を7年以上継続することを禁止するものであるため、主張が通ればEMIとの契約は既に満了したということになる。

加えてKanyeは自身がEMIからリリースした作品の権利を返還することも求めているが、EMI側もこの要求を巡って連邦裁判所相手に訴訟を起こすなど非常にややこしい事態に発展してしまっているようだ。

自身のレーベルG.O.O.D. Musicが成功を収めている現在、古巣のEMIとの契約は彼にとって足枷でしかないらしい。果たして無事に自由を勝ち取り、新作『Yandhi』を無事リリースすることが出来るのだろうか?

RELATED

Kanye Westの人物像や音楽性に迫る書籍『カニエ・ウェスト論』が6月に刊行|一部を独占先行公開

Kanye Westのキャリアや作品、人物像に迫る書籍『カニエ・ウェスト論――《マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー》から読み解く奇才の肖像』が、DU Booksから6月8日に邦訳・刊行される。

Kim Kardashianが「Kanye Westのベビーシッターをすることにもう疲れた」と発言

2013年に結婚して以来、紆余曲折を経ながらも共に支えあってきたKanye WestとKim Kardashianの夫婦。仲の良さで知られる二人だが今回、Kim KardashianがいよいよKanye Westの周辺で巻き起こるトラブルに疲れた様子を見せている。

Kanye WestがCoachellaに出演しSunday Serviceを行うことが明らかに

今月半ばに2週間連続で開催されるアメリカ最大級の音楽フェスCoachella。以前ヘッドライナーとして予定されていたKanye Westが「会場に巨大なドームを作りたい」と要求したことで降板したことが報じられたが、最終的にCoachellaへの出演が再び決定したことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。