Kanye WestがEMIに対して起こした訴訟の詳細が明らかに

先日、Ksnye Westがかつての所属レーベルであるEMIに対して訴訟を起こしていることを伝えたが、その訴訟の詳細が明らかとなった。

TMZが報じるところによると、KanyeはEMIと自身の間の契約を満了しているにも関わらず未だにEMIから作品を発表しなければならない状況に置かれており、EMIを抜けてフリーになることを裁判を通して要求しているという。当初の契約の条件は「一定量の楽曲をEMIからリリースする」という曖昧なもので、1年で終わる可能性もあれば半永久的に続くものにも成り得るものだったようだ。

EMIとKanyeの契約は「奉仕」と定義されるものにあたる、というのが今回の裁判の論点で、アメリカで個人奉仕契約は7年を超えて続けることが出来ないと法律によって規定されている。そのためKanyeがEMIと契約して7年目に当たる2010年の時点で契約は満了していると彼は主張しているようだ。2010年以降にもアルバム『My Beautiful Dark Twisted Fantasy』に収録された“Power”や“Monster”などの楽曲やJay-Zとの“Niggas in Paris”、また『Yeezus』や『TLOP』のトラックなど多数のヒット曲がEMIからリリースされている。それらの楽曲の権利を自身のもとに返還するようKanyeは求めているとのこと。

来るべき最新作『Yhandi』のリリースが遅れている原因の一つであるとも言われているEMIとの契約。出来ることならKanyeには望み通り自由になってもらいたいものだが、裁判の行方は果たしてどうなるのだろうか?

RELATED

Kanye Westの教会を建てるアイデアにKim Kardashianも協力的なことが明らかに

先日、Kanye Westが自身の教会を設立することを計画しているとの報道があった。Coachellaでのパフォーマンスも話題となった「Sunday Service」など宗教的な面を近頃は多く見せているものの首をかしげざるを得ないこのアイデアだが、Kanyeだけでなく彼の妻であるKim Kardashianも教会設立に前向きであるようだ。

Kanye Westが自身の教会を設立か?

Coachellaでの圧巻のライブパフォーマンスが記憶にも新しいKanye Westだが、そんな彼が自身の教会を設立するのではないかと、今週発売されたPeople誌にて伝えられている。

Kanye WestがCoachellaの「Sunday Service」セットで新曲“Water”を披露

アメリカで現在開催されているCoachella 2019。その中で今日行われたKanye Westの「Sunday Service」セットでのライブが大きな話題を呼んでいる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。