Lil WayneがWheezyのプロデューサータグ「Wheezy Outta Here」を「Futureが俺をシャウトアウトしてくれてる」と勘違いしていたと明かす

Lil BabyやMeek Millなどの楽曲を手掛けていることで知られるアトランタのプロデューサーWheezy。そんな彼のプロデューサータグ「Wheezy Outta Here」について、Lil Wayneがとある勘違いをしていたことが話題を呼んでいる。

Geniusによると、Lil Wayneは先日配信されたYoung Money Radioの中で「最初に聴いたときに思ったんだが、俺は何も知らなかったんだ。だから、最初にあのビートや“Wheezy Outta Here”を聴いたとき、Futureが俺を毎回シャウトアウトしてるんだと思ってたんだ。虚栄心と呼ばれようが、何と言われようが知らない。(中略)Mack Maineに“なんでFutureは人の曲で俺のことを叫んでるんだ?そしてその曲ではなんで俺のことを話してないんだ?”ってね」と語り、Wheezyの名前を自身のニックネームのことを言っているのだと勘違いしていたことを明かしている。

「Wheezy Outta Here」のタグはFutureによるものだが、プロデューサーへのシャウトアウトであるためFutureが参加していない楽曲で用いられることが多いという。また、最初にこのプロデューサータグが使われた楽曲はLil BabyとDrakeの“Yes Indeed”とのことだ。

最近のラップをほとんど聴かないと過去に明言していたほか、自身のアルバムにフィーチャーしたXXXTentacionをその死からしばらく時間が経ってもなお知らなかったことなど、最近のラップシーンについて知らないことや勘違いしていることが多いLil Wayne。それでもなお楽曲に一切の衰えが無いことや、多くの若いラッパーからリスペクトされ続けている辺りが彼の凄みと言っても良いだろう。

Young Money Radioの最新エピソードはこちらから聴くことが出来る。

related

Lil WayneとEminemが過去に同じ韻を踏んでいないかチェックするために自身のリリックをググると明かす

それぞれ全く違うスタイルながら、共に長くラップシーンの頂点に立ち続けているLil WayneとEminem。共に高度なライミングを得意とし数多くの楽曲を発表している彼らが、新曲のリリックを書く際の苦労について語っている。

Lil WayneがCDを車に置き忘れることが原因で楽曲をリークされた経験を明かす

現在のヒップホップシーンの中で大きな問題の一つであるリリース前の楽曲のリーク。Playboi CartiやLil Uzi Vertの楽曲の正式なリリースがリークによって遅れるなどファンにとっても他人事ではない問題だが、そんなリークについてLil Wayneが自身の経験を振り返っている。

Lil Wayneが「最近一晩で53曲作った」と明かす

ラッパーはしばしば持ち曲の数について過剰な数字を言い、自身の技術やクリエイティビティの高さをアピールすることがある。そんな中、先月リリースされたアルバム『Funeral』も好調なレジェンドLil Wayneが他との格の違いを見せつけている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。