『2001年宇宙の旅』にインスピレーションを与えたといわれるチェコ産のSF映画『イカリエ-XB1』が日本初公開

『2001年宇宙の旅』や『スター・トレック』以前の、1963年に共産主義下のェコスロバキアで作られた初の本格的SF映画『イカリエ-XB1』(原題:IKARIE XB 1)が、5月19日(土)より新宿シネマカリテなどで公開される。

『イカリエ-XB1』は、密室の中で徐々に狂気に汚染されていく乗組員たちのサスペンスフルな人間ドラマと、近未来のユートピア的世界を、独創的なスタイルで描き出した映画。

01_sub1
©National Film Archive
02_sub2
©National Film Archive
02_sub3
©National Film Archive

そのオリジナリティ溢れる世界観は、スタンリー・キューブリック監督の傑作『2001年宇宙の旅』にもインスピレーションを与えたという逸話を持つほどだ。2016年に4K修復され、同年カンヌ国際映画祭カンヌ・クラシック部門で脚光を浴びたデジタル・リマスター版で、日本では劇場初公開となる。

02_sub5
©National Film Archive

『イカリエ-XB1』が製作された1963年は、ミロシュ・フォルマン(『火事だよ!カワイ子ちゃん』)、イジー・メンツル(『厳重に監視された列車』)らに代表されるいわゆる「チェコ・ヌーヴェルヴァーグ」が本格的に幕を開けた年。本作にもスタニスワフ・レムの小説『マゼラン星雲』にインスピレーションを受けて脚本を執筆したのは、『ひなぎく』(66)の脚本に協力したパヴェル・ユラーチェクなど多数の重要人物たちが参加している。

02_sub8
©National Film Archive
02_sub11
©National Film Archive

音楽は、ヤン・シュヴァンクマイエルやカレル・ゼマンのアニメーション作品で知られるズデニェク・リシュカ。監督のポラークは、子ども向けの人気シリーズ映画を始め、特撮映像作品を多く手がけ、チェコでは著名な監督だ。

Info

『イカリエ-XB1 デジタル・リマスター版』
監督:インドゥジヒ・ポラーク|脚本:インドゥジヒ・ポラーク、パヴェル・ユラーチェク|撮影:ヤン・カリシュ|衣装:エステル・クルンバホヴァー|音楽:ズデニェク・リシュカ|出演:ズデニェク・シュチェパーネク、フランチシェク・スモリーク、ダナ・メドジツカー、イレナ・カチールコヴァー、ラドヴァン・ルカフスキー、オットー・ラツコヴィチ
1963年|チェコスロヴァキア|原題IKARIE XB 1|88分|白黒|デジタル・リマスター
提供:キングレコード 配給:コピアポア・フィルム URL: ikarie-jp.com ©National Film Archive
5月19日(土)より新宿シネマカリテほか 全国順次公開

RELATED

映画『サウダーヂ』、『バンコクナイツ』などで知られる富田克也の最新作『典座 -TENZO-』がカンヌ国際映画祭に正式出品決定

『サウダーヂ』や『バンコクナイツ』などの話題作で知られる空族、富田克也監督の最新作『典座 -TENZO-』(2019年秋公開予定)が、5/14(火)より開催される第72回カンヌ国際映画祭で批評家週間「特別招待部門」へ正式出品されることが決定した。

人気アメコミシリーズを映画化した『ヘルボーイ』が2019年秋に日本公開決定

4月12日に北米公開を迎え、大きな話題となっているダークホースコミックス原作の映画『HELLBOY』が、邦題『ヘルボーイ』として2019年秋に日本公開することが決定した。

ガールズスケーターたちの友情と絆を描いた『スケート・キッチン』の予告編が公開

2018年サンダンス映画祭ほか世界の映画祭でもされ、日本でも話題となったニューヨークのスケートシーンの現実とガールズスケーターたちの友情と絆を描いた映画『スケート・キッチン』の予告編がついに公開された。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。