ユーチューバーが「Gucci Gang」と100万回言う動画を生配信し、動画の広告費で稼いだお金を全て募金

YoutuberのGraham The Cristianが、Lil Pumpのヒットソング”Gucci Gang”のフレーズ「Gucci Gang」を100万回言うという挑戦を行い、生配信。今回の動画で稼いだお金を全て慈善運動『Red Nose Day』に募金した。

抗不安薬Xanaxの摂取をやめる決断を公言したり、メジャーレーベルとの契約を破棄すると発表したりなど新年早々話題の尽きないラッパーLil Pump。そんな彼のヒットソング”Gucci Gang”。「Gucci gang、Gucci Gang…」と繰り返す耳に残るキャッチーなフレーズで爆発的人気を集め、いまだに注目を浴びている。

シカゴのユーチューバーGraham The Cristianが、このヒットソング”Gucci Gang”を使ってチャリティ運動を行った。「Gucci Gang」と100万回言うことに挑戦する動画を配信。15日間にわたって、毎日生配信をおこない、カメラの前で「Gucci Gang」と繰り返し言い続けた。ほぼ毎日17時間以上カメラの前で言い続けたという。

こちらがYoutubeに投稿された、最後の1000回を言う場面を録画した動画。馬鹿馬鹿しい挑戦に聞こえるが、実際に一万回言い切る瞬間の動画を見ると彼の凄さが伝わってくる。残り100回を切る頃には本人も泣き始めてしまい、観覧している人達の応援コメントが流れる中で号泣しながら1万回目の「Gucci Gang」を言い切る姿は感動モノである。

生配信中の収益と、Youtubeに投稿した動画の広告費は全て慈善団体『Red Nose Day』に寄付されるとのこと。『Red Nose Day』は貧困に苦しむ子供たちを救済するための運動。Grahan The Cristianは今回の配信で現時点ですでに1万ドル以上の寄付金を集めることができたそうだ。

RELATED

Lil Pumpがホームレスにピザを手渡しでプレゼント

先日はGucciのブラックフェイスセーター問題に抗議し、「Gucciはサポートしないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言したLil Pump。そんな彼が、バレンタインにチャリティーを行なったことが話題となっている。

Lil Pumpがブラックフェイス問題を受けてGucciを着ないと決意するも“Gucci Gang”は歌い続けると発表

先日、Gucciから発売されたマスク付きの黒のセーターが黒人差別に用いられて着た表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして問題になった。これを受けてSpike Lee、Soulja Boy、T.I.、50 CentなどのアーティストがGucciの不買運動を呼びかけているが、どうやらLil Pumpもそこに加わるようだ。

Lil Pumpが自身を「史上最もリリカルなラッパーだ」と主張する

Lil Pumpは現在の煽りラッパーの代名詞的存在であり、これまでも何の根拠もなしに例えば「ドラッグをやめる」などを放言を行ってきたが、またしても彼らしい煽りを繰り出してきた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。