Lil Pumpが新年にXanaxをやめることを決断 | "Fxxk Xanax 2018"

新世代のラッパーたちが愛用していたことで知られ、Lil Peepの死因の1つとして大きな注目を集めた抗不安薬のXanax。

Peepの死後にLil Uzi VertがXanaxを辞めることを宣言していたが、次はLil Pumpだ。

2018 we going even more crazy love yall ???(btw I don’t take xanz no more fuck Xanax 2018)

Lil Pump Jetskiさん(@lilpump)がシェアした投稿 -

Pumpは2018年最初のInstagramの投稿で、「2018年はもっとクレイジーにやってやる。みんな愛してる」と投稿し、付け加えて「ところで、おれは2018年はXanaxを摂取しない。fxxk Xanax 2018」と記している。ComplexによればPumpは17歳の誕生日の際には、Xanaxの形を象ったケーキを作るほどだったが、親交の深かったPeepの死もあり、この決断に至ったようだ。

Pumpの最新曲"Designer"のリリックにもXanaxは登場しているが、今後どのようにリリックの世界も変わっていくのか注目だ。

RELATED

Lil Pumpがガソリンスタンドで煙草を吸う動画を投稿し批判を浴びるが「いつもの事だ」と開き直る

これまで様々な言動・行動が批判に晒されてきたLil Pumpがまたしても新たな問題行動を起こしたようだ。

Lil Pumpが突如「俺が18歳で成し遂げたことを誰も出来ていない」とベテランを挑発

その言動から忘れられがちではあるが、実はまだ18歳という年齢のLil Pump。そんな彼が、若くして成功した自らを突如としてフレックスしている。

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。