Lil XanがDiegoへの改名を正式にアナウンス

"Betrayed"などで注目されている21歳のラッパー、Lil Xanは、本名のDiegoへの改名を示唆していたが、ラジオ番組に出演した際に正式に改名を行ったことを発表した。

人気番組『Big Boy's Neighborhood』に出演したLil Xanは、改名について聞かれ「これはオフィシャルな発表だ。おれの名前はこれからDiegoだ」と回答している。Lil Diegoという名前を提案されたLil Xanだが、そのアイディアを笑い飛ばし「おれはDiegoだよ」と重ねて回答した。

改名した理由について、先日NYでライブをおこなった際に、ファンたちからLil XanではなくDiegoと呼ばれたことが大きなきっかけとなっていると、Lil XanことDiegoは述べている。Lil Xanはドラッグを辞めたことがきっかけで、自身はアーティストとしても変化したことを強調しており、今回の改名もその変化の一環とみられている。

RELATED

Lil Xanのデビューアルバム『Total Xanarchy』がリリース | Diplo、Charli XCX、YG、Rae Sremmurdなどが参加

2Pacを退屈だと評した一件で、その名前がネガティブにも広まってしまった新鋭ラッパーLil Xanが、デビューアルバム『Total Xanarchy』をリリースした。

Sonny Digitalが2Pacを軽視し炎上したLil Xanを擁護

Lil Xanが2Pacの曲を「退屈」と評し炎上した一件を契機にヒップホップにおける世代間のギャップが話題となっているが、そんな中Lil Xanとシングル“I Got”でコラボレーションを行なったSonny Digitalが、渦中の彼を擁護するようなコメントを発表した。

T.Iが「若い世代は旧世代から批判されることでリスペクトを得られると思っている」と語る

ヒップホップシーンでは世代間の抗争は常にどこかしらで起こっているものだが、最近話題なのはもちろんLil Xanだ。Lil Xanは2Pacの楽曲を「退屈」と述べてしまったことで、炎上。その後釈明に追われライブで"California Love"をプレイするなど火消しに必死だが、中々収まる雰囲気はない。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。