CALM & PUNK GALLERYの オリジナルブランドからDIEGO、Quentin Chambry、宮澤謙一とのコラボTシャツが登場

西麻布のギャラリーCALM & PUNK GALLERYのオリジナルブランド「CANDPMERCHANDISE(シーアンドピーマーチャンダイズ)」から、3名のアーティストとコラボレーションしたTシャツが、本日11/11(水)に発売された。

この企画にはアートコレクティブ「SIDE CORE」のメンバーでHidari Zingaro、OIL by 美術手帖での個展が記憶に新しいDIEGO、現在は日本を拠点とし、ヨーロッパ、カナダ、オーストラリア、ブラジルなど様々な場所での個展、 グループ展にて作品を発表し続けているフランス人アーティストQuentin Chambry、アーティストユニット「magma」と並行して立体作品、ペインティングなど自身の作品を制作している宮澤謙一が参加。

QUENTIN CALM & PUNK LOGO TEE
size :
S , M , L , XL , XXL 注)BABY PINKはS~L展開です。 color :
WHITE / SUMI / BABY PINK
price :
¥6,000( 税抜 )
DIEGO CALM & PUNK LOGO TEE size :
S , M , L , XL , XXL 注)BABY PINKはS~L展開です。 color :
WHITE / BLACK / BABY PINK
price :
¥6,000( 税抜 )

DIEGOとQuentin Chambryは、ギャラリー名に冠されている「CALM & PUNK」をテーマにロゴを描き起こした内容。ベビーピンクのボディカラーは、染色による完全限定カラーとなっている。

MIYAZAWA TAKOCHU TEE
size :
S , M , L , XL , XXL color :
WHITE
price :
¥6,000( 税抜 )

LOOKはMONO NO AWAREの加藤成順をモデルで起用し、アートディレクターにはErinam、撮影は寺沢美遊とFNMNLで連載『日本と韓国 : 隣国で暮らしてみて』を担当する2人が起用されている。スタイリストには、ファッション広告やカタログ、エディトリアルなど幅広く手掛ける土岐ひろみを起用した。

本日11/11 ( 水 ) より、オンラインショップ「CANDPMERCHANDISE」にて先行販売される。

related

河野未彩の個展『←左右→』がCALM & PUNK GALLERYにて開催

河野未彩による2回目となる個展『←左右→』が、9月25日(土)〜10月10日(日)の間CALM & PUNK GALLERYにて開催される。

Charli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetによるグループ展『B1(ultra)safe』がANAGRAで開催中

それぞれ東京を拠点に活動するアーティストCharli Tapp、noise、Quentin Chambry、Valentin Dommangetの4人によるグループ展『B1(ultra)safe』が、8/15(日)まで半蔵門・ANAGRAで開催中だ。

アーティスト宮澤謙一による 個展『living dead stock』がCALM & PUNK GALLERYにて開催

アーティストユニットmagmaとしての活動でも知られ、立体作品、ペインティング、陶芸などの作品を制作する宮澤謙一の個展『living dead stock』がCALM & PUNK GALLERYにて5/22(土)から6/6(日)まで開催される。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。