河野未彩の個展『←左右→』がCALM & PUNK GALLERYにて開催

河野未彩による2回目となる個展『←左右→』が、9月25日(土)〜10月10日(日)の間CALM & PUNK GALLERYにて開催される。

2018年に行われた初個展『not colored yet』では、光の三原色の原理を利用し色づいた影をつくる照明装置「RGB_Light」を特許取得から製品化まで取り組み会場にて発表。個展と同年に京都で巡回展を開催したのち、2019 年にラフォーレ ミュージアム原宿で大型展覧会『PHENOMENON : RGB』に参加、2021年夏にはアートプロジェクト『PROJECT ATAMI』に選出され、熱海での滞在制作に取り組むなど精力的に作品発表を行なってきた河野未彩。展示にとどまることなく、BOREDOMS / SHOCK CITYや加山雄三など全く毛色の異なるレジェンドたちへのアートワーク提供や、MV ディレクション、ラフォーレ原宿の広告ビジュアル制作、アパレルブランドとのコラボレーションなど多岐にわたる。また、あらゆるジャンル・グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、映像、ビジュアルアートを横断する姿勢は、アートディレクターとしての領域を越えた頃から、「視覚ディレクター」という肩書きを名乗り活動している。

本展では、これまで目にした景色に内包される「現象」を作品を通して捉えようとした。描かれる自然の木々や山々、海に広がる水平線、それらの空間にひかり輝く色彩は、今回全長 3.6mのレンチキュラー作品によって表現。視覚の移動に合わせて変化する色彩は、まるで不変的に広がる自然界の「現象」であるとと同時に会場にいる人間それぞれの視覚を通した内面までは共有できないことをうつし出している。

明け方、光の気配が空と海を二分した。 刻一刻と変わっていく色、左右に広がる水平線。 水平線はいつも「私」が真ん中に存在しているかのように世界をみせる。 この普遍の線に意識を置いた。

明←→暗

古←→新

柔←→硬

静←→動

いろんな座標軸を右往左往して誰もがいつも宇宙の唯一の点にいる。 どの点からも違ってみえる、その美しい現象を共有してみたい。

河野未彩

河野未彩は、その作家活動に於いて一貫して「現象」にインスピレーションを受けて、創作を続けてきた。 今回の展覧会を構成する新作群は、レンチキュラーを用いており、視点の移動に合わせて色彩が変化して いく。彼女にとって、色彩とは光と網膜の相性による「現象」なのである。

グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、映像、そしてビジュアルアート。 彼女はフィールドを越境する作り手で、ブレることのない軸足は同じポイントにあるが、それぞれの分野 についての思考をする時に、東西南北を見渡すように視点が移動をする。そして、デジタルメディア、具体的に言うと Adobe 製品のコントロールに多くの時間を費やしている。ディスプレイに表示される色彩を 指先で操りながら複数のパターンを検討する時、それはグラデーションを起こしながら変化していく。 新作群のアイデアは、独特だが、ごく自然に発生したことが分かる。

大型作品では、左から右に、または右から左に伸びた、連続する消失点が作り出す地平線が描かれている。 それは、この展覧会の直前に滞在制作のために過ごした熱海で目にしたものだと言う。そして木々や、山々が描かれているが、作品の主題はそれではないのである。空間に充満している、光と、それが引き起こす 変化する色彩を内包する「現象」そのものを彼女は捉えようとしている。

そして、それを目撃する網膜、を通して景色を受容するそれぞれの人格は絶対にそれを共有することは出 来ない。人の視覚は、どこまでいっても孤独なのである。しかし、あの水平線や、この満ち溢れる光や、 それが引き起こす「現象」は共有が可能なものである。人と人が距離をおくことを要求され、誰かと同じ 景色を見ることが難しくなってしまったが、それでも、この「現象」はいつでも共有していると、彼女の 作品が教えてくれる。

安部憲行 / CALM & PUNK GALLERY

Info

河野未彩 - 個展『←左右→』

会期:9/25( 土 )~10/10( 日 ) 13:00-19:00

開廊:水曜日 ~ 土曜日、最終日曜日 休廊:日曜日 ~ 火曜日

入場:無料

会場:CALM & PUNK GALLERY
〒106-0031 東京都港区西麻布 1-15-15

http://calmandpunk.com/ https://www.instagram.com/calmandpunkgallery/

制作協力:株式会社マル・ビ

* ご来場の際は、マスク着用、検温、消毒にご協力お願いします。
* 会場の混雑状況により入場制限を設ける場合があります。列にお並びいただく場合があること、 予めご了承ください。
* 状況に応じて、会期・営業時間の変更する可能性があります。 変更の際は、ギャラリーウェブサイトと Instagram にてお知らせ致します。

related

Hikaru Matsubaraの個展『WEDNESDAY』がhotel koe tokyoにて開催

グラフィカルな形とシンプルな線に少しのユーモアを交えた表現が得意な注目アーティストHikaru Matsubaraが、7月16日(金)〜25日(日)の間hotel koe tokyoにて個展を開催する。

アーティスト宮澤謙一による 個展『living dead stock』がCALM & PUNK GALLERYにて開催

アーティストユニットmagmaとしての活動でも知られ、立体作品、ペインティング、陶芸などの作品を制作する宮澤謙一の個展『living dead stock』がCALM & PUNK GALLERYにて5/22(土)から6/6(日)まで開催される。

YouthQuakeのBobby Yamamotoによるアート展がSNS CAFÉ TOKYOにて開催

YouthQuakeのメンバーBobby Yamamotoによるアート展が、SNS CAFÉ TOKYOにて4月28日より開催される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。