018がSEEDAをフィーチャーした新曲“Cold City”をリリース

東京を拠点とする018とSEEDAによる新曲“Cold City (feet. SEEDA)”がリリースされた。

斬新かつ勢いのある楽曲で定評のある018。今作“Cold City”では東京のシリアスかつ冷酷な風景を持ち味のリリックで表現し、トラックは “Pineapple Express”でもプロデュースを務めた盟友DJ FRIP a.k.a Beatlabが手掛ける。

また、リリース翌日の26日(日)午後21時にはMVも公開。MVはLEXの“Loyalty”など数多くの話題曲のMVを手がけるMESSがディレクターを務めている。

Info

Artist : 018

Title : Cold City(Feat.SEEDA)

Release Day : 2021.09.25(Sat)

Label : 018

Download Link : https://linkco.re/C9aT0A1h

Producer : DJ FRIP a.k.a Beatlab

Mix&Mastering : DJ FRIP a.k.a Beatlab 

Artwork : Ryusey Sabi

related

ralphがミックステープ『24oz』をリリース | SEEDA、C.O.S.A.、AJAHが参加

昨年リリースした"Selfish"や『ラップスタア誕生!』の優勝も記憶に新しいralphが、ミックステープ『24oz』を本日6/30(水)にリリースした。

Red Bullのサイファー企画『RASEN』の最新回にHideyoshi、MonyHorse、SEEDAが登場 | ビートはYung Xanseiが制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画『RASEN』の最新回が公開となった。

OKIとSEEDAが2009年に制作しお蔵入りとなっていた“Sai Bai Men 2”を4/20にリリース|MVも公開

OKIとSEEDAが2009年に制作されたもののお蔵入りとなっていた“Sai Bai Men 2”が本日4月20日にリリース。MVも同時に公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。