「90年代のラップ VS 現代のラップ」Kodak Blackが自分の歌詞はJAY-Zより優れていると主張

Kodak Blackが自分の歌詞が、JAY-Zの歌詞より優れていると主張し、Instagramに二人の歌詞を比較する「90年代のラップ VS 現代のラップ」というタイトルの画像を投稿した。

若干20歳のKodak Blackが自身をJAY-Zと比較したことで話題になっている。

Kodak BlackはInstagramに「90年代のラップ VS 現代のラップ」というタイトルで画像を投稿。JAY-Zが1998年にリリースした"Money, Cash, Hoes”の歌詞と、Kodak Blackが昨年リリースした"I Can”の歌詞を比較する画像となっている。そしてキャプションでは「(こっちは)リアルなんだよ。あんなお遊び事じゃない」と述べている。

確かにこの2曲の歌詞を比べるとJAY-Zの方の歌詞は内容が無いように見える。しかし、まだ若手と呼ばれるKodak Blackが、グラミー賞を受賞し、何千万枚とアルバムを売り、20年以上も聞かれ続けている大物であるJAY-Zに噛み付いたのは無謀すぎると、非難するファンも多い。

「あはは(笑)JAY-Zの最も弱いフックと、Kodakの唯一良いフックを比べられてもね・・・」

ヒップホップにおけるジェネレーションギャップはどんどん広がり、昔のヒップホップと現代のヒップホップを比する論争は後を絶たない。偉大なヒップホップの大物を、新たな世代のラッパーが批判するケースは他にも合った。過去にはLil Yachtyの「2PacとNotorious B.I.Gの曲を5曲も知らない」発言や、Joey Bada$$が2Pacについて「ラッパーとして彼を超えた」と発言したことが話題になった。

RELATED

Kodak BlackがGucciのブラックフェイスセーターへの批判に対し「あれは差別じゃない」と反論

言わずと知れたラグジュアリーブランドのGucciが発売した黒のセーターが問題となっている。セーターは鼻の下まで覆うマスクがついており、口の部分に穴があき周りを赤いラインが縁取るデザインとなっている。これが古くから黒人を差別する表現として用いられてきた「ブラックフェイス」と酷似している、として批判の対象となった。

Jay-ZとRoc Nationが21 Savageをサポートするため弁護士を雇う

先日、アメリカに不法滞在していたという容疑で移民税関局によって逮捕されてしまった21 Savage。国外退去の可能性もあり危機に瀕している彼をサポートしようと、多くのアーティストやファンが「#Free21Savage」を叫んでいる。そんな中、Jay-Zと彼のレーベルRoc Nationが21 Savageと移民税関局との裁判をサポートするために動いていることが明らかとなった。

Kanye WestがRoc-A-Fella RecordsとEMIに対して訴訟を起こしたことが明らかに

現在はG.O.O.D. Musicのオーナーとして知られているKanye Westが、以前在籍いていたレーベルRoc-A-Fella RecordsとEMI April Musicに対して訴訟を起こしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。