Lil Yachtyが2 PacとNotorious B.I.G.の曲を5曲も知らないと語る

今年のアメリカの新人ラッパーの中で最も注目されているLil Yachtyはオールドスクールなヒップホップ好きとは相性が悪いようだ。Yachtyは以前人気ラジオ番組『Breakfast Club』に出演したときも、「僕がリリカルなフロウができないからって嫌いにならないでくれよ。もしそういうコメントをしてる人のプロフィールを見ても大抵は、年寄りなんだけどね」とコメントを放ちヒップホップメディアを驚かせ、90年代のヒップホップ好きを刺激した。

 

またYachtyはTidalのインタビューに登場した際は「ラップはただ楽しいもので、シリアスなものじゃないんだよ。僕はシリアスなラップが嫌いだ、シリアスなラップを聴いてると眠くなるんだよね」と発言し、これも大きな反響を呼んだ。

 

ただYachtyはヒップホップ自体を否定しているわけではなく、ヒップホップが常に変化していくものであるということを理解した上でこのようなコメントを残しているのである。Yachtyは前述の『Breakfast Club』に出演した際に、こうも述べている。「僕はみんながヒップホップがこれまでとは全然違うものだってことに早く気づいてくれるのを待ちきれないよ」と言っている。

そんなYachtyが今度はBillboardのインタビューに登場し、「2 PacとNotorious B.I.G.の曲を5曲も知らない」という発言をした。XXLなどのメディアはすでにこのレジェンドを冒涜するような発言を過激な煽り文とともに紹介している。

しかしYachtyはそんなのを素知らぬ顔で自分の道を進んでいくと同じインタビューで宣言している。「もし僕がこのまま自分の道を進んでいって、大金を稼いだら、なぜみんなのいうことに従ったほうがいいんだい?」19歳になったばかりのYachtyは底抜けにポジティブで、自由に自分のラップを楽しんでいくつもりのようだ。

RELATED

ヒップホップ黄金期を体験できるイベントが来週月曜日に緊急開催 | ヒップホップムービーの名作3作の無料上映も

9/16(月・祝)に東京・表参道ヒルズのスペース オーで、ヒップホップの黄金期である1990年代を体感できるイベント『SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019 90s HIP HOP EXPERIENCE』が開催される。

Lil Yachtyが「DJの技術をマスターしたい」と語る

先日は「Wu-Tang Clanのようなラップグループを結成したい」と発言し、またA$AP Rockyの逮捕をめぐる問題について「下院議員になりたい」と語ったことも話題を呼んだLil Yachtyが、今度はDJの方に興味を示しているようだ。

Lil Yachtyが「トランプ大統領は本気でA$AP Rockyを解放させようと思っていない」と苦言を呈す

今月初めにスウェーデンで迷惑な一般人二人に絡まれて乱闘騒ぎを起こし、その結果逮捕され数週間に及ぶ勾留を受けているA$AP Rocky。Kanye WestとKim Kardashian夫妻の呼びかけに応えトランプ大統領がスウェーデン首相との電話会談を行うなど国家レベルの事態となっている今回の騒動について、Lil Yachtyがコメントを発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。