Supremeの新たなプロモムービーにGucci Maneが起用される

これまでもLady GagaやKate Moss、 Morrisseyなどのビッグスターを広告塔に起用してきたSupremeが新たに起用したのはなんと出獄したばかりのラッパーのGucci Maneだ。

このムービーを監督したのは映画監督のハーモニー・コリン。そうGucci Maneはハーモニー・コリンが監督した『スプリング・ブレイカーズ‎』での悪役がとても印象深いという人も多いだろう。

 

それ以来のタッグとなるこのムービーではコリンのカメラはGucci Maneの自宅とみられる家でピアノを弾いている様子や、ネットショッピングに勤しむ姿、スタジオでのGucciの様子(ボックスロゴTを着用!)などを映し出しており、笑顔でいながらもどこか狂気を感じさせる佇まいに引き込まれる内容となっている。ムービーはSupremeのウェブサイトで見ることができる。

Supreme(楽天)

RELATED

Gucci Maneが「俺は成長し続けている」と述べ、他人の失敗や不幸を願う人々について語る

今年はT.I.とのトラップの起源を巡る論争が話題となったが、2016年に刑務所から釈放されて以来精力的に活動を続け、またSNSでもポジティブなバイブスを発信し続けているGucci Mane。そんな彼が、他人が失敗することを望んでいる人々についての持論を述べている。

Supremeにロゴをサンプリングされた養豚企業が自前のLOOKBOOKでレスポンス

先日大人気ブランドSupremeの今年の秋冬コレクションがローンチされた。東京の各ショップにも大行列ができるなど、相変わらずの人気を誇る同ブランドと、60年近くの歴史をほこる大手養豚企業Farmland Foodsとの間で、興味深いやりとりがされている。

Gucci Maneがアルバムの制作方法の変化を語る

現在最新アルバム『Evil Genius』を製作中だというGucci Maneが、Lil Pumpとのコラボレーション曲”Kept Back”を公開した。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。