Supremeの新たなプロモムービーにGucci Maneが起用される

これまでもLady GagaやKate Moss、 Morrisseyなどのビッグスターを広告塔に起用してきたSupremeが新たに起用したのはなんと出獄したばかりのラッパーのGucci Maneだ。

このムービーを監督したのは映画監督のハーモニー・コリン。そうGucci Maneはハーモニー・コリンが監督した『スプリング・ブレイカーズ‎』での悪役がとても印象深いという人も多いだろう。

 

それ以来のタッグとなるこのムービーではコリンのカメラはGucci Maneの自宅とみられる家でピアノを弾いている様子や、ネットショッピングに勤しむ姿、スタジオでのGucciの様子(ボックスロゴTを着用!)などを映し出しており、笑顔でいながらもどこか狂気を感じさせる佇まいに引き込まれる内容となっている。ムービーはSupremeのウェブサイトで見ることができる。

Supreme(楽天)

RELATED

銀座のストリートフェスティバル『GL』が今年も開催

銀座の街に点在する個性的なバーやレストランで、HIPHOPからJAZZ、REGGAE、HOUSE、ROCKそして歌謡曲まで、豪華出演者たちの最高のパフォーマンス堪能できるフェスティバル「GL」が11月17日(土)に開催する。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

タイの軍事独裁政権を批判するラップチューンのミュージックビデオが大きな話題に

Studio Voiceのアジアの音楽シーンを特集した最新号でも大きくフィーチャーされるなど、盛り上がりをみせているタイのラップシーンから飛び出した1曲のミュージックビデオが大きな話題となっている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。