インディラップの名盤500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行

DU BOOKSから1991年から2020年までインディレーベルからリリースされたヒップホップ作品500枚を紹介する書籍『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』が刊行される。

著者のGenaktionは米国企業でマーケティングを担当する傍ら音楽雑誌やウェブ媒体、ラジオ、ソーシャルメディアなどでラップミュージックやヒップホップ文化に関する発信・執筆を行っており、ラプティヴィスト、ヒップホップリサーチャーを称している。

『インディラップ・アーカイヴ もうひとつのヒップホップ史:1991-2020』では、メジャーアーティストのように脚光を浴びる機会は少ないが、クオリティは折り紙付きのインディー作品を歌詞にフォーカスしてレビュー。掲載されているのはFreestyle Fellowship、DJ Shadow、Company Flow、Kool G. Rap、 D.I.T.C.、Immortal Technique、Open Mike Eagleなどだ。

小説のような文学的表現、政府・メディアの欺瞞を突く痛烈なメッセージ、人種差別や人生の困難に立ち向かう希望の詩など、ラッパーが何を歌っているのかを解説する。

500枚のアルバムレビューの他にもラップのライミング(押韻)構造を徹底解剖するコラムや、FNMNLでは『Urban Art Research』の連載を持つ荏開津広による著者インタビューなども掲載され、ラップフリークなら絶対注目の1冊だろう。

Info

『インディラップ・アーカイヴ
もうひとつのヒップホップ史:1991-2020 』 Genaktion [著] 

A5・並製・オールカラー224頁予定
予価:本体2,300円+税
ISBN : 978-4-86647-133-4

https://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK283

related

舐達麻やJNKMN、NORIKIYOなども手がけるバーバーKenshi Shiromaのスタイルブックが発売 | 写真展も開催

2010年より活動をスタートし、人気アーティストも足繁く通うMR.BROTHERS CUT CLUBの創設メンバーとして活躍するMr. KENSHIこと城間健士のスタイルブック『DANPACHI 』が、11/27(金)に発売となる。

XXXTentacionの短く壮絶な生涯を描く評伝『ぜんぶ間違ってやれ──XXXテンタシオン・アゲインスト・ザ・ワールド』が刊行 | 著者は『くたばれインターネット』のジャレット・コベック

2015年にリリースした"Look At Me!"で注目を集めて、一躍人気ラッパーのポジションに躍り出るも、恋人への監禁・暴行や強盗などで逮捕・収監され、2018年に地元フロリダで銃撃され、わずか20歳でこの世を去ったXXXTentacion。

GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を刊行

GEZANのフロントマンであり自主レーベル・十三月の運営、フリーフェス『全感覚祭』の主催や映画出演など、ボーダーレスな活動で注目を集めるマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を、11/17(火)に刊行する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。