Noname

Nonameが「トランプを史上最悪の大統領と呼ぶのは非生産的」と持論を語る

先日はJ. Coleの楽曲“Snow On Tha Bluff”を受けて発表したアンサーソング“Song 33”で大きな話題を呼んだNoname。Black Lives Matterムーブメントにおける自身の考えを明かしたことでオピニオンリーダーのような役割を担わされた苦悩も明かしていた彼女だが、今回、トランプ大統領について自らの持論を語ったことが話題を呼んでいる。

Nonameが「私はJ. Coleが言うような時代のリーダーじゃない」と苦悩を明かす

先日、J. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff”の中でディスとも取れる言及を受け、それに対するアンサーとして新曲“Song 33”をリリースしたNoname。Black Lives Matter運動に十分にコミットすることが出来ない苦悩を明かしたJ. Coleに対し、NonameはJ. Coleによる自身に対する言葉が不当であること、また女性やトランスジェンダーが暴力を受けている現状を厳しく告発した(J. ColeとNonameのやり取りについての詳細はこちらのコラムを参照して頂きたい)。今回、先述の出来事を経たNonameが改めて自身の抱える苦悩を明かしている。

【コラム】Black Lives Matterが映し出すもの - NonameとJ. Coleについて -

日本でも各地でデモが開催されるなど、世界中で盛り上がりを見せているBlack Lives Matterの抗議運動。そんな中J. Coleがリリースした楽曲"Snow on Tha Bluff”のリリックが、抗議運動の急先鋒に立って動いていたNonameを揶揄していると話題になり、対するNonameも即座にJ. Coleへのリアクションも含んだ"Song 33"をリリースし、J. Coleの姿勢を糾した。

NonameがJ. Coleに対するアンサーソングでもある新曲“Song 33”についての後悔を語る

先週はJ. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff“と、それに対するNonameのアンサーソング“Song 33”がシーンの話題を席巻した。J. Coleが昨今の「Black Lives Matter」ムーブメントに積極的なコミットやサポートが出来ない苦悩を明かした同曲は、SNS上で人気ラッパーがBLMに対する寄付や支援を行うことを要求する発言を行ったNonameに対する言及が含まれており、これを受けたNonameが新曲の中で反論を行ったのが事のいきさつである。今回、Nonameがこの一件を振り返って後悔が残っていることを明かしている。

NonameがJ. Coleに対するアンサーソング“Song 33”をリリース

今週リリースされたJ. Coleの新曲“Snow On Tha Bluff”がシーンを騒然とさせている。ジョージ・フロイドさんが警察によって暴力を受けた末に殺害された事件を契機に世界的な発展を見せた「Black Lives Matter」運動に触れた同曲の中には、シカゴのラッパーNonameに対するディスと思われるラインが含まれていた。ファンやChance The Rapper、Earl Sweatshirtを始めとするアーティストから批判が寄せられる中、昨日NonameがJ. Coleに対するアンサーソング“Song 33”をリリースした。

J. Coleが新曲“Snow On Tha Bluff”でBLMについて声をあげるNonameをディスしたと話題になる | Earl SweatshirtやChance The RapperらはJ. Coleを批判

今週、突如として新曲“Snow On Tha Bluff”をサプライズリリースしたJ. Cole。現在世界的に盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」運動や警察による暴力について言及しながらも、それに対して自身の力が及ばないことを吐露したこの楽曲は大きな話題を呼んでいるが、リリックの中にシカゴのラッパーNonameをディスしたと思われるラインが含まれていることでファンは騒然となった。彼女に宛てたと思われるラインは一部のファンから批判を寄せられるにまで至っているが、そのような状況に対し様々なアーティストが反応している。

Nonameが「もう白人の観衆の前でパフォーマンスしたくない」と語る

先日、次回作のリリース後に引退することをほのめかしたシカゴのフィメールラッパーNoname。ファンとアーティストの関係性が不健全になってきていることが、その原因とみられているが、そんな中、彼女が「白人の観衆の前でパフォーマンスしたくない」と述べ、話題になっている。

Nonameが次回作のリリース後に引退することを示唆

昨年リリースのデビューアルバム『Room 25』も高い評価を受けたシカゴ出身のラッパーNoname。『Factory Baby』と題された2ndアルバムを来年リリースすることも予告している彼女が、音楽活動を引退することを示唆する発言を行い話題となっている。

Noname、Saba、SminoからなるグループGhetto Sageがシングル“Haagen Dazs”をリリース

それぞれシカゴを拠点に活動するNoname、Saba、Sminoの3人のラッパーが結成したグループGhetto Sageがシングル“Haagen Dazs”をリリースした。

SminoがSaba、Nonameの二人とグループを結成するアイデアを明かす

昨年、それぞれ『NOIR』、『CARE FOR ME』、『Room 25』とアルバムを発表し高い評価を受けたSmino、Saba、Noname。シカゴの新鋭であるこの三人が、グループを結成する可能性があるようだ。

今週デビューアルバム『Room 25』をリリースするNonameが、同作をレーベルと契約せず全て自分で出資したと明かす

昨年には来日公演を行い、今週末に待望のデビューアルバム『Room 25』をリリースするNoname。そんな彼女が、アルバムをレーベルの手を介さず全て自分の手で完成させたことを明かしている。

Nonameが今週デビューアルバム『Room 25』をリリースへ

シカゴ出身のシンガー・ラッパーで、昨年は来日公演も行ったNonameが、デビューアルバム『Room 25』をリリースするとアナウンスした。

『WWW & WWW X Anniversaries』でNoname待望の初来日、cero × DC/PRGなど4公演が発表

東京・渋谷のライブスペースWWWが7周年、そして2号店のWWW Xがオープン1周年を迎えるにあたり、超豪華な4つの記念公演が発表された。

Chance The Rapper、Nonameに影響を与えたシカゴの詩人Brother Mikeとは

Chance The RapperやNonameは10代の頃に、シカゴの青少年交流プログラムの『YOUmedia』でラップや作詞のスキルを学んだと、歌詞解説サイトのGeniusが指摘している。

Chance The Rapper作品への参加でしられるNonameによるデビューミックステープ登場

Chance The Rapper作品の参加で注目されていてシカゴのアーティストNonameがデビューミックステープをリリース。