J. Coleが新曲“Snow On Tha Bluff”でBLMについて声をあげるNonameをディスしたと話題になる | Earl SweatshirtやChance The RapperらはJ. Coleを批判

今週、突如として新曲“Snow On Tha Bluff”をサプライズリリースしたJ. Cole。現在世界的に盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」運動や警察による暴力について言及しながらも、それに対して自身の力が及ばないことを吐露したこの楽曲は大きな話題を呼んでいるが、リリックの中にシカゴのラッパーNonameをディスしたと思われるラインが含まれていることでファンは騒然となった。彼女に宛てたと思われるラインは一部のファンから批判を寄せられるにまで至っているが、そのような状況に対し様々なアーティストが反応している。

Geniusの記事によると、“Snow On Tha Bluff”は現在の情勢に対しJ. Coleが沈黙していたことについて寄せられる声や、自身に向けられる過度な期待に対する反論を含んでいる。ヴァースの中では「俺のIQは平均的だ、あの若い女性は俺よりも賢い/(中略)/彼女はあの狂人たちに怒り、資本家に怒り、人殺しの警察に怒り、俺の仲間に怒って、俺たちの無知に怒って、自分の気持ちを正直に言ってる/彼女はセレブに怒っている、俺のことを言ってるんだと思う」との内容が歌われているが、Nonameが以前「人気ラッパーがBLMへの支援を示すためにプラットフォームを活用していない」とのツイートを行なっていたことから、これがNonameに対して歌ったものであるという推測がファンの間で広がることとなった。

先述の部分に続いて「批判されても仕方ないと思っている、有効な物を見た時は耳を傾ける/でも、あの女王の口調が俺を悩ませるんだ」「自分の信じることを既に信じている人に、俺がメッセージを説いて何になるんだ?」と歌われることから、これがNonameに対するいわゆる「トーンポリシング(発言の内容ではなく、それを発した者の口調などを非難する行為)」に当たるのではないか、との意見を寄せるリスナーもいる。

J. Cole自身は昨日Twitterを更新し、「この歌が誰のことを歌っているか知ってることを前提にしている人がいる。それはいいけど、誰かが俺の作品について考えたり感じたことを伝えるのは俺の仕事じゃない。会話も批判も全部受け止めている。でも、この場を借りて言わせて欲しい。Nonameをフォローしてくれ。俺はこの時代のリーダーとして彼女を愛し、尊敬してる。彼女は、俺たちのために正しいことだと彼女が本当に信じてることを読んで、聴いて、学んでいる。俺のような野郎がラップしてる間にも。俺は読書もあまりしていないし、このご時世にリーダーとしていられる資質は十分じゃないと思う。でも、俺だって色々考えてるよ。そして、彼女や彼女のような人に感謝してるのは、自分の信念に挑戦してくれているからだ。今の時代には、それが大切なことだと思ってる」と、自身はNonameをリスペクトしており、批判的な意見に対しても感謝しているとのメッセージを発した。

またComplexによれば、今回のJ. ColeとNonameを巡る一件についてChance The RapperとEarl Sweatshirtが反応している。

J. Coleとのコラボの経験があり、Nonameと同郷で彼女のキャリアを後押ししたChance The Rapperは「男は家父長制とガスライティングを建設的な批判として覆い隠そうとする」「彼らは二人とも俺の仲間だけど、相手の口調や態度について話しているのは一人だけだ。それは建設的なことじゃないし、Nonameがやったこと全てを損なう」とJ. Coleに対し批判的なスタンスを貫いている。

またEarl Sweatshirtも「俺をどこかのグループに含む前に、最初の真実としてあの出来事が下らないものだって言わせて欲しい。Big Floydが亡くなった後の夜に白人ラッパー(それみたいな奴)が”俺はこの状況についてよく知らないんだ“って曲を作ったら、それは良くないものに決まってるだろ」と、J. Coleが今回の新曲で発したメッセージを下らない物だとして切り捨てている。

複合的な問題を抱えた今回の一件。果たして今後J. ColeとNoname、また彼らの周囲のアーティストたちはどのような動きを見せるのだろうか。

related

Chance The Rapperが『ホームアローン』のリブートバージョンを企画中と明かす

Chance The Rapperが先日人気TV番組『The Tonight Show』にリモート出演し、そこで現在計画中のある企画について明かした。

【コラム】Earl Sweatshirt『Some Rap Songs』から紡がれるアンダーグラウンドの新しい波

世界的に未曾有の事態が続いた2020年。パンデミックは音楽シーンにも並々ならぬ影響を及ぼし、多くのアーティストが、これまでとは違う形態での活動を強いられた。オンラインでのライブが一般的となり、我々リスナーの体験も大きな変化を余儀なくされる中、Travis Scottの『Astronomical』を筆頭に、前例の無い状況下で新たなクリエイションを模索するアーティストの試みに刺激を受けた方は多いだろう。

Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。