Chance The Rapperと裁判中の元マネージャーが『The Big Day』を「質の低いフリースタイルアルバム」と酷評

昨年リリースのアルバム『The Big Day』以来まとまった作品をリリースしていないChance The Rapper。彼の人気を不動のものとした2016年のミックステープ『Coloring Book』と比べやや賛否両論の評価を受けた同作だが、現在彼と裁判中である元マネージャーが『The Big Day』を酷評し話題を呼んでいる。

Geniusによると、今年初めにChance The Rapperのチームを離れた元マネージャーのPat Corcoranが、彼に対し300万ドルの訴訟を起こしていることをComplete Music Updateが報じた。

CorcoranはChance The Rapperが『The Big Day』を彼との相談無しにリリースしたことを不服としており、訴訟では「CorcoranはBennett(Chance The Rapper)が一方的に発表したアルバムのリリース日に深刻な懸念を表明していた」との主張も行われている。

Chanceがリリースを急いだため『The Big Day』はCorcoranがイメージしていた通りの作品には仕上がらなかったようで、最終的にリリースされたものを彼は「質の悪いフリースタイルが主導するアルバム」と訴訟にて酷評した。彼が主張するところによると同作の評価は低く、それに付随したツアーでのファンからの指示も得られなかったため最終的にキャンセルされることとなり、またCorcoranがChanceのチームから外れ、代わりに実の父であるKen Bennettと弟のTaylor Bennetがマネジメントに関わることに繋がったとのことだ。

また訴訟ではChance The Rapperがアルバムの評価やツアーチケットの売り上げの低さを、彼自身のプロダクションにおける妥協ではなくCorcoranの責任であることにしたとの告発も行われている。

果たしてCorcoranの主張が全て事実であるのかどうかは不明だが、確かに『The Big Day』が完成度の高い作品であったと言い切るのは難しい。訴訟の今後の展開が気になるところだ。

related

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

Frank OceanやChance The Rapperが候補者討論会を受け大統領選の投票を呼びかける

アメリカでは今日、11月3日に控えた大統領選に向け、初となる大統領候補者のテレビ討論会が行われた。

Chance The RapperがRaph Laurenのショップから行った配信ライブを公開

ファッションブランドRaph LaurenとSnapchatなどを運営するSnap Inc.とのパートナーシップの締結を記念して、Chance The Rapperが地元シカゴのRaph Laurenのショップからライブ配信を行った。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。